「結婚できる同棲」と「付き合いどまり同棲」の決定的違い

お付き合いが続いていくなかで「一緒に住もう」という話が出る場合もしばしば。そんな時、頭をよぎるのは「結婚に近づいた!?」という期待と「ズルズル惰性で生活してしまうんじゃ……?」という不安だと思います。
そこで今回は、結婚できる同棲生活とそうでない同棲生活との違いをご紹介します。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■同棲期限を決められるか

同棲をした上で結婚できなかった理由には「結婚までの期限を決められなかった」という点を挙げるカップルがほとんど。

これの解決策として、結婚までのタイムリミットを設けるという手があります。しかし、結婚はお互いにとってデリケートな話題。「〇〇年、同棲したら結婚しよ!」と直接口にするのはかなり勇気がいります。その場合は「とりあえず1年同棲してみよう」と、さりげなく期限を提示するのがよいでしょう。

■ある程度の緊張感があるか

同棲における気のゆるませすぎや、すべてをさらけ出しすぎてしまう生活は禁物。なぜなら、すべてなし崩しにして生活してしまうと、彼への遠慮や思いやりが欠けてしまうためです。彼が将来像を抱きやすい「結婚を前提にした同棲」であれば、なおさら緊張感は大事になってきます。

ポイントは、ひとりになれるようなパーソナルスペースを設けること。彼との同棲生活の中でも折り合いが付けられなかったり、もめてしまったりすることもあるでしょう。そんな時ひとりになって冷静になれる場所があると、頭を冷やすことができて重宝します。

■相手の価値観に合わせられるか

あなたが仕事から帰ってきてゆっくりしようと思ったタイミングで、彼から「夕食をつくって」と言われたら……あなたは、どう考えますか? 生活リズムのほかにも、家事への認識、金銭感覚など、彼との「差」を意識する場面が多くなるのが同棲生活です。

いわゆる価値観の違いを結婚する前に感じられるのは、同棲の大きなメリット。二人でしっかり話し合い、改善する必要があるか、その場合どちらが譲るかといったところを妥協せずに話し合えれば、結婚がグッと近づくかもしれません。

同棲は、結婚への大きな一歩になります。しかし、それに伴うリスクもかなりあるのが事実です。同棲生活において大事なのは、二人の生活に緩急をつけること。自分と彼が同棲して、さらに良い関係になれるのかどうか、始める前にきちんと見極めたいものです。

(恋愛ライター・花輪 えみ)

アレが似ている!?「結婚につながるカップル」4つの共通点

セルフ頭皮ケアですっきり顔に!ケア法とおすすめオイル5選
伸ばしかけも簡単!30代・40代に◎前髪アレンジまとめ

おしゃれ度がアップ!メイクとファッションのリンクのさせ方
イタくない!大人可愛くなれる「ピンクアイシャドウ」3選

元の記事を表示