「100均コスメ」で旬顔完成!知的美人になれるブルーアイメイク

今春のトレンドメイクのキーワードは“濡れ感”や、“ツヤ”といわれています。そんなトレンドを意識しつつ、ちょっぴり“知的”な女性像にアプローチしてみませんか?

そこで今回は、美容ライターである筆者が“知的美人”に見えるメイク術をご紹介します。100円ショップの『ザ・ダイソー』で見つけたアイシャドウを使って解説していきましょう。

 

■ハードル高めのカラーメイクには「100均コスメ」が大活躍!

今春のトレンドはカラーメイク。また、イメチェンをしたいとき、アイシャドウの色を変えるだけで、ガラリと雰囲気が変わりますよ。

しかし、ブラウン系などの無難な色と違い、カラフルなカラーはうまく使いこなせるか不安で買うのをためらいますよね。そこで重宝するのが、100均のコスメ。

今回“知的美人メイク”で使ったのは、ザ・ダイソーの『エルファー パールインアイシャドウ B クールブルー』です。パールが細かい微粒子タイプなので、肌にのせると上品にきらめきます。

画像では分りやすいように、こちらのパレットの色を使って説明しますが、もちろん手持ちの似た配色のブルー系アイシャドウでもOK! それでは実際にメイクをしてみましょう。(9g・100円<税抜き>)

 

■知的美人をつくる春のトレンドメイク

(1)アイホール全体にホワイトのアイシャドウをのせる

このとき、目頭の部分にもホワイトを塗れば、潤んだような瞳になります。

(2)目のキワに濃いめのブルーのアイシャドウを塗る

なるべく目のキワぎりぎりをなぞるように意識しましょう。太く塗るとブルーが目立ちすぎて派手な印象になってしまうので要注意。

(3)目尻には指でトントンと明るいブルーをのせていく

指で叩くように少しずつ塗るのは、色味が調整しやすいためです。

“ブルー”のアイシャドウを目のキワぎりぎりに塗ることで、瞳の中に青色が反射して写りこみ、クールで凛とした印象になりますよ。

もっとトレンドの濡れ感を意識した目元にしたい方は、アイシャドウに少量の“ワセリン”を混ぜて使ってみて。クリームアイシャドウのような生ツヤ感が出ますよ。

アイシャドウを塗った上から“ベビーオイル”をつけた指先でそっとなでると、ウェットな質感にも仕上がるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

春の新色パレットを購入する前に、100均コスメで似たような色味にチャレンジすれば、その色が自分に似合うかどうかもわかりやすいでしょう。

この春はトレンドも意識しながら、知的でクールなメイクにも挑戦してみてはいかがでしょうか?(※ 価格は編集部調べです)

 

【おすすめ記事(PR)】