あと一押し!草食男子からの告白してもらう誘導セリフ3つ

草食男子は、付き合いたいと思う女性がいても告白をなかなか決断できないものです。振られてしまうダメージを想像して思いとどまってしまうことが多いのだとか。

ヤキモキしてしまう時に女性からうまく誘導してあげれば、二人の関係を思い通りに進展させることができます。そこで今回は、彼から告白を引き出すことのできる「念押し」のセリフをご紹介します。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■「好きって言われたら好きになっちゃうタイプ」

「女である自分からは告白できない」という女性のプライドはあると思います。どうしても彼に告白してもらいたい場合は、素直に本音を伝えましょう。男性に「自分から動かなければ何も起きない」と気付かせることができます。

たとえば「自分から告白できないんだよね」と、思い切りストレートに伝えるのもよいでしょう。また、少し抵抗がある女性は「好きって言われたら好きになっちゃうタイプ」など、ふんわり伝えるくらいに留めると、とても自然に聞こえます。

■「まだ結婚はいいかな」

多くの草食男子は、恋愛面で女性に怯えている印象があります。その大きなところは「結婚」について。気軽に「付き合おう」と言って、相手の女性が「ガッツリ結婚前提」という意識である場合、男性はとても責任とれないと引いてしまいかねません。

そんな彼らの不安を取り除くためにも「まだ結婚はいいかな」「結婚する前に、恋しておきたい」とハードルを下げることが重要。結婚をにおわせないことが、男性の安心感につながります。

■「一緒にいて楽しい彼氏がほしい!」

草食男子が自分から行動を起こさない理由のひとつに「失敗するのが怖い」という気持ちが考えられます。控えめな草食男子は、好きな女性に告白して玉砕するなら、今のまま友達以上恋人未満の関係でいる方が居心地いいと思ってしまうのです。

そんな奥手な彼に告白させるには「告白されたら断らない」と、さりげなくわからせてあげることが効果的。もちろん「○○くんが彼氏になったら楽しそう!」と伝えるのもありですが、狙いがミエミエになる可能性があります。二人のときに楽しげな雰囲気をだして「楽しませてあげている」と印象付けてから「楽しい彼氏がほしい」と伝えれば、きっと告白する勇気をだしてくれるはず。

ポイントは、なるべく告白のハードルを落として彼が告白しやすい雰囲気をつくること。草食男子に告白させるには、短期決戦がおすすめです。ダラダラと微妙な距離を保ったままで彼が他の女性に気を移してしまう前に、上手に彼を誘導しましょう。

(恋愛ライター・花輪 えみ)

今が狙い目!?アプローチベタな「草食系男子」の落とし方3つ

【インタビュー】30代40代からの髪型どうする?ヘアライターに質問!
ふんわり艶髪に!マイナス5歳若見えするドライヤーのかけ方
失敗しない!美容院でのオーダーの秘訣は「自己開示」
セルフ頭皮ケアですっきり顔に!ケア法とおすすめオイル5選
伸ばしかけも簡単!30代・40代に◎前髪アレンジまとめ

おしゃれ度がアップ!メイクとファッションのリンクのさせ方
イタくない!大人可愛くなれる「ピンクアイシャドウ」3選

肌悩み別、くすみを払拭して透明感をアップするチーク4選

元の記事を表示