あなたは肉派?魚派?ダイエット中にオススメなのは

ダイエット中でもしっかり摂りたいのがタンパク質です。タンパク質といえば“肉”と思うかも知れませんが、実は、肉と魚のたんぱく質の含有量は同じ。では、ダイエットにむいているのはどちらでしょうか? それは「魚」! ダイエット中のたんぱく質として「魚」をチョイスすることで、ダイエット中に陥りがちな冷えやお肌の乾燥、ストレスを予防できそうですよ。

20170214iwata00

■ダイエット中には魚を食べたほうがいい理由3つ

(1)冷えの予防に

魚の脂は、肉の脂と違い、身体の中で合成することができず食べものから摂る必要のある必須脂肪酸です。血液サラサラでお馴染みのDHAやEPAは、血管と血液の健康を守る働きがあります。そのため、スムーズな血流をサポートして、ダイエット中でも身体のすみずみまで血液の流れる温かい身体作りに役立ちます。

(2)お肌のうるおいUPに

血液がスムーズに流れるということは、お肌の細胞にまで栄養と酸素が行き渡るということです。無理な食事制限をしたダイエットは、そもそもの食事量が足りなくなり、身体が冷えてしまったり、栄養不足になって、お肌や髪に栄養が届かなくなることがあります。魚には、お肌や髪の材料であるタンパク質と一緒に、血液の健康を守る良質の脂が含まれていますから、ダイエット後にお肌や髪がボロボロになるといったトラブル防止に一役かってくれます。

(3)ストレス対策に

DHAは、血液中の有害な物質が脳に到達しないようにフィルターのような働きをする「血液脳関門」を通過することができます。そのため、脳に直接届いて、気持ちの安定に働きかけることができ、ストレスの緩和効果も期待されています。また、EPAにも精神を安定させるストレス軽減効果があるそうですから、ダイエット中のイライラ防止にも魚がおすすめです。

■ダイエットに役立つ魚の食べ方

DHAやEPAは、煮たり焼いたりすることで溶け出します。揚げ物にすると約50%が失われるともいわれていますから、お刺身や塩焼きなど、調理時間の短い調理法で食べるといいでしょう。

同じ脂でも、魚の脂は美容と健康に役立つ脂です。タンパク質+αの効果が期待できる食材ですから、ダイエット中は魚を意識して食べてみてはいかがでしょうか。

(美養フードクリエイター 岩田まなみ)

今年こそヤセ体質に!デブ菌を増やすヤメたい食べ物まとめ

アンチエイジングのために!始めたい食べ物・やめたい食べ物

アンチエイジングなおやつ、身近なアーモンドチョコの秘密

手足が冷えて眠れない夜に!快眠のためおすすめの飲み物3つ

美容に◎!くるみを使ったビューティレシピ2つと選び方

成分情報 DHA(ドコサヘキサエン酸) – わかさ生活

元の記事を表示