いい汗かけそ!3位深田恭子「男が一緒にマラソンしたい女優」1位は

2月26日(日)に『東京マラソン2017』が開催されます。今年の抽選倍率は、先行9.6倍・一般12.2倍という狭き門でしたが、ランニング人口は年々増加しているそう。読者の中にも、健康や美容のために「私も走ってる」という“ラン女子”も多いのでは?

そこで『美レンジャー』では、20~40代の男性500名を対象に「一緒にマラソンをしたい健康的なイメージの女性芸能人は誰ですか?」というアンケートを実施。

そのランキング結果とともに、マラソンの美容効果や走るときのモテテクをご紹介します。

 

■一緒にマラソンしたい女優ランキングTOP5

5位・・・綾瀬はるか(9.6%)

4位・・・長澤まさみ(10.4%)

3位・・・深田恭子(10.8%)

2位・・・石原さとみ(13.4%)

1位・・・新垣結衣(14.6%)

ミネラルウォーターが似合いそうな、清潔感あふれる女優が上位を占めました。どの女優も、汗をかいても爽やかそうですよね。回答してくれた男性は、一緒に走った後のキラキラの笑顔を想像したのではないでしょうか。

 

■こんなにいっぱい!マラソンの美容・健康効果3つ

マラソンはモデルや芸能人の中にも趣味にしている人が多いですが、その美容・健康効果は科学的にも実証されています。走り始めると、どんどんキレイになれるかも!?

(1)新陳代謝の改善

スウェーデンのカロリンスカ研究所が行った実験によれば、ランニングやサイクリングなどの運動を長期的に行うと、遺伝子レベルで筋肉の新陳代謝に影響を与えるということがわかったそう。

年齢とともに筋肉が衰えて痩せにくくなります。走ることを趣味にすれば、年齢を重ねても美しいスタイルを手に入れられるでしょう。

(2)メンタルケア効果

スポーツをした後、気分がスカッとした経験はありませんか? それは運動したことによって、セロトニンという“幸福ホルモン”が分泌されるから。マラソンも例外ではありません。ただし、ゆっくりと無理ないペースで走るのがベター。理由は、あまりハードだと逆に活性酸素が増えてストレスが溜まってしまうため。

メンタルケアのためには、無理せず走ってくださいね。

(3)老化防止効果

アメリカのスタンフォード大学医学部の研究によると、長期的にランニングをする人は活動的でない人と比べて健康寿命が長く、早期死亡リスクが約50%も少ないことが判明したそう。

健康で若々しく年齢を重ねるためには、ランニングが有効であることは間違いないでしょう。

 

■マラソンでラブラブに!? モテテク2つ

マラソンはカップルで一緒に走ると、よい関係が築けるともいわれています。しかし、走っているうちに彼がギョッとするような顔になっていたら大変! 走る前に、次のポイントを抑えておいて!

(1)眉毛・アイメイクは汗に強いものを

皮脂や汗で眉毛が消えたり、マスカラやアイラインがまぶたの上下についてパンダ目になってしまっては、見るも恐ろしい顔に。

汗水に強いものを使ったり、上からパウダーで押さえるなどの対策を忘れずに。

(2)前髪はキチッとセット

汗で前髪がおでこにベタッとついてしまうと、たちまち不潔な印象になってしまいます。

前髪は横に流してスプレーで固めるなど、キチッとセットしましょう。

 

彼との距離も縮まり、美容・健康効果が期待できるマラソン。新垣結衣さんをはじめとする爽やかな女性を目指して、ランニングを始めてみてはいかがでしょうか。

 

【おすすめ記事(PR)】

 

【参考】

※ Long-term endurance training impacts muscle epigenetics ‐ Karolinska institutet

※ Running slows the aging clock, Stanford researchers find ‐ Stanford MEDICINE

元の記事を表示