いつものコスメで…もっと潤う!ケア前に使いたい「優秀ブースター」

春一番が吹いても、まだまだ寒い日が続いていますよね。肌が乾燥したりゴワついたりして、一生懸命スキンケアしてもなんだかイマイチだったり……。そんな人は、ぜひ洗顔後に、拭き取りタイプの化粧水(ブースター)を導入してみてはいかがでしょうか。

拭き取り化粧水とは、余分な角質を除去することによりその後の化粧水の浸透をよくしてくれるアイテムです。

今回は美容ライターの筆者が試してよかった、拭き取り化粧水3つをご紹介します。

 

■1:シー・オー・ビゲロウ『スキントナー(ローズウォーター)』

今年、日本に本格上陸を果たしたのが、アメリカで最も歴史あるアポセカリー(調剤薬局)の『シー・オー・ビゲロウ』。多くの商品が、昔からレシピを変えず生産を続けています。

汚れを落として肌を整えてから保湿するというシンプルなステップで健やかな肌へと導いてくれるブランドで、拭き取りタイプの化粧水は2種類。創業者であるDr.ガレン-ハーバルの名前が付けられた『スキントナー( Dr.Gハーバル)』と、こちらの『スキントナー(ローズウォーター)』です。

ローズウォーターは肌の水分バランスを整えてくれるローズエキス配合。すべての肌質の人にオススメですよ。(236ml/2,800円<税抜き>)

 

■2:ブランホワイト『クリアローション』

ドラッグストア『マツモトキヨシ』のプライベートブランドコスメとして2017年2月より発売スタートした新ブランド『ブランホワイト』。

美白(※1)有効成分として有名なアルブチンを配合し、メラニン生成を抑制してシミやソバカスを防いでくれる薬用美白拭き取り化粧水です。

このアイテムは“シミ・ソバカスが目立つメカニズム”に着目した新しい視点で肌へアプローチ。くすみの原因である古い角質を除去することで、肌本来の透明感を引き出します。次に使う化粧品の浸透もサポートしてくれます。(160ml/2,700円<税抜き>医薬部外品)

※1:美白とはメラニンの生成を抑制し、シミ・ソバカスを防ぐこと

 

■3:クリニーク『クラリファイングローション 2

いわずと知れたロングセラー化粧水、クリニークの『クラリファイングローション 2』も拭き取りタイプの化粧水です。

洗顔後、コットンにローションをたっぷりと含ませ顔全体を優しく拭き取れば、朝のメイクノリもばっちりです。

写真は乾燥~混合肌用ですが、乾燥肌、脂性肌、混合肌など、肌の状態によって種類が選べるので、店頭でカウンセリングを受けて自分のそのときの状態に合ったタイプを選べます。(200ml/3,400円<税抜き>)

 

肌の乾燥が気になるときは美容液やクリームを投入する人も多いと思いますが、「どうも調子が悪いな……」と感じたときは、肌のターンオーバーを正常化させる効果のある角質ケアも取り入れてみてくださいね。その後に使う化粧品の効果が違ってくるかもしれませんよ。(※ 価格は編集部調べです)

 

【おすすめ記事(PR)】