うわぁ…出た!休日の「ご近所スタイルが最悪にダサイ人」特徴3つ

毎朝通勤で見かけるときはキレイなのに、休日に近所で見かけると「えっ!? 」と目を疑っちゃう女性っていませんか?

通勤着はスーツやジャケットにスカートなど、色や柄さえシックなものにしておけば、キレイめファッションに仕上がるのですが、休日に着る洋服ってセンスの良し悪しが如実に出ちゃうので気をつけたいところ。

そこで今回はファッションライターである筆者が、休日のご近所スタイルが最悪にダサい人の特徴を3つご紹介します。

 

■1:女優サングラス

近所のスーパーやコンビニに行くときまでお化粧をするのはしんどいもの。すっぴん顔を、サングラスをかけてごまかしている女性も多いことと思います。

しかし実はサングラスもファッションセンスが現れる小物。パリス・ヒルトンがかけていたようなハイブランドのデカサングラスは、もうアウト。

サングラスをカチューシャのように頭にのせているアラフォー女性をよく見かけますが、これもオバサンくさいです。

昨年にひきつづき、ティアドロップサングラスやウェリントンサングラスなどはトレンド。特にグラスがミラーだったり、フレームがメタリックやマットなデザインがオシャレ。

ラウンドサングラスも今っぽいので、すっぴんカバー用のサングラスは、高価なブランドものにこだわるよりも、トレンドの個性派サングラスにしてみてください。

 

■2:偽物クロックス

クロックス、はやりましたね! 確かに履き心地がよいのでご近所に行くときにささっとひっかけたくなるのですが、流行遅れのスタイルで履いていませんか?

本物のクロックスなら自分スタイルでよいのですが、パチモンのクロックスはおばちゃん街道一直線。

近所のコンビニへ行くのにパンプスを履く必要はありませんが、せめて鉄板ブランドのスニーカーやバレエシューズなどにしておきたいもの。

今季はぺたんこミュールが流行る模様。普段にもお出かけにも履けるので、皆より一足先に入手しておくとよいかも。

 

■3:きらきらロゴトップス

ここ数年、ロゴが入ったトップスは人気ですが、大人女子は気をつけて選ばなければいけないタイプ。

ロゴ入りトップスを選ぶ場合は、ショート丈スウェットやセーターなど今年流のデザインを選んで。ロゴ自体はあまり主張しすぎない内容で、ヴィンテージ調やシンプルなデザインをチョイスしましょう。

ロゴがきらきらしていたり、ゆるいシルエットのトップスは30歳以上が着ちゃうとヤンキーっぽく見えたり、安っぽく見えたりします。

 

サングラスやシューズなど、小物が一昔前のデザインだとどんなに高価なモノでも垢抜けてみえません。ご近所を歩くときは、ベーシックなスタイルに流行の小物をさりげなくオンするとこなれて見えますよ。

 

【おすすめ記事(PR)】

 

元の記事を表示