ホルモンバランスの崩れやストレス、暴飲暴食などの生活習慣が原因で出来るといわれている“ニキビ”。

「私、いつもアゴにできるのよね」というように、いつも同じような場所にばかりできる……という人も多いのでは? 実はニキビは、できる部分によってその原因が違うため、適切な対処法も変わってきます。

ここでは、コスメコンシェルジュの資格を持つ筆者が、ニキビが出来る場所別に、考えられる原因についてお話していきたいと思います。

 

■おでこ

額は、皮脂腺が発達していて皮脂の分泌量が多い場所。それが毛穴を塞いでしまい、ニキビの原因に。

しかし、ほとんどの原因はシャンプーやコンディショナー、洗顔料のすすぎ残しや、前髪が触れるといった外的刺激。

おでこにニキビができやすい人は前髪をあげる、手指でベタベタ触るのはやめるなど、刺激を取り去る工夫を。

また、シャンプーや洗顔料はしっかりすすいでくださいね。

 

■眉間〜鼻

眉間〜鼻は顔の中でもっとも皮脂の分泌量が多い場所でもあります。

皮脂の分泌を増やす甘い物や肉類、揚げ物、アルコール、刺激物の摂取を控えましょう。

反対に皮脂の分泌をコントロールしてくれるビタミンB群を含む食材(玄米、豚肉、卵、牛乳、納豆、バナナ、マグロ、小松菜など)やサプリメントを取り入れましょう。

 

■アゴ

女性の大人ニキビが出来やすい場所が、アゴ。ホルモンバランスの乱れが反映される場所だといわれています。ストレスを溜めない、睡眠をしっかり取るなどの対策を練りましょう。

女性は月経周期によってホルモンバランスが変化しますが、月経周期後半に増える黄体ホルモンには、皮脂分泌を増やしたり、肌を乾燥させたりする作用があります。

黄体ホルモンが増える時期には、いつもより肌を清潔にするよう心がけたり、保湿ケアをしっかりするようにしましょう。

 

■口まわり

口まわりのニキビは、疲労やストレスのほか、体調不良で抵抗力が落ちたときや、胃腸が悪いときに出来やすくなります。

胃腸を疲れさせる暴飲暴食も控えたいところ。また、偏頭痛や生理痛などが重くて鎮痛剤を手放せないといった人は、薬で胃が荒れてしまいやすいので気をつけてください。

 

■頬

頬のニキビは、肌の乾燥、就寝時の寝具の汚れといった外的要因の影響を受けて出来るほか、睡眠不足や便秘、脂肪分の摂り過ぎなどでもできやすくなります。ます。

重点的に保湿をする、二日に1回は寝具のカバーを変える、夜更かしをしないといった対策を取って、頬ニキビを予防しましょう。

 

顔にポツッと目立つニキビができると、気分が沈みますよね。ニキビの原因を知り、適切なケアをしましょう。

 

【おすすめ記事(PR)】

元の記事を表示