身体が冷えてしまうと血行が悪くなり足がむくんだり、肩がこったり、身体の調子が悪くなるだけではなく、仕事の生産性も下がりますよね。

オフィスではつらつと働き、体調をばっちりコントロールするために、美容ライターである筆者が、今回はオフィスでの冷えがどんどん悪化するNGを3つお届けします。

 

■NG1:首、足首、手首が薄着

首、足首、手首の3首には動脈が薄い皮膚の下に通っているため、ここを冷やすと血行が鈍ってしまい全身が血行不良になってしまいます。血行不良は冷えを引き起こし、辛い肩こりや頭痛の原因に。

今季はハイネックセーターが流行なので、ハイネックのトップスを着たり首にストールを巻いたりして首元を冷やさない格好が大事。足首は夏でも必ずストッキングや靴下をはくようにして温めてください。また、オフィスではカーディガンを羽織るなど手首も温めるようにしましょう。

洋服で3つの首をカバーして冷やさないようにすることも大切ですが、たまにこれら3箇所をぐるぐると回してストレッチし、血行を改善することも重要。特に足や手などの指を気づいたときにグー、チョキ、パーをしてあげると、血流が増加して身体が温まります。

足指のグー、チョキ、パーは慣れるまでは難しいかもしれませんが、ヨガのクラスでも行われているほど身体によいのだとか。足指を広げる練習をすると足指の筋力を整え、足裏全体で地面を踏むことができ、外反母趾や姿勢の改善にもつながります。ぜひ実践しましょう!

 

■NG2:コーヒーや甘いものを摂りすぎる

過去記事「うっかり悪習慣で“どんどん冷えが加速”!凍える夜のNG3つ」によると、夜にやってはいけない悪習慣のうちの一つが、コーヒーを飲むことだとご紹介しています。なぜなら、カフェインの利尿作用や、ミルク、砂糖の糖分が身体を冷やすから。

オフィスで覚醒するためにコーヒーを何杯も飲んだり、甘いお菓子をちょこちょこ食べたりしてはいませんか? 冷えを改善するためには、コーヒーをジンジャーティーやハーブティー、甘いお菓子をナッツやドライフルーツに変えてみましょう。続けていると健康やダイエットにも効果が現れます。

 

■NG3:足を締め付けるヒールやロングブーツを履いている

ヒールやロングブーツは足を締め付け血行不良を起こし、むくみや冷えの原因となります。オフィス用のぺたんこシューズを置いておき、オフィスで履き替えましょう。

それが無理なら、一時間に一回、こっそりヒールを脱いでゴルフボールを足裏でゴリゴリ踏む、足指や足首を回してストレッチするなど、血行を改善するよう心がけましょう。

 

気づかないうちにオフィスでの冷えが、慢性的な肩こりや頭痛を引き起こします。スタイルや健康を維持するためにも、女子は季節を問わず冷え対策が必要なのではないでしょうか?

 

【おすすめ記事(PR)】

 

元の記事を表示