ちょ…どこ見てんの!? 「男性と一緒のヨガ」で着るべきウェア3つ

女性だけではなく、男性の間でもヨガが流行してきました。男性アスリートの方々がトレーニングの一環として取り入れていることなどから、“ヨガ男子”が急増しているようです。

しかし、女性のなかには、薄着でさまざまなポーズを取るヨガを男性と一緒に受けるのには抵抗があるという方もいますよね。

そこで今回は、ヨガインストラクターの筆者が、男性と一緒にヨガをしても男性の視線が気にならないウエア選びのポイントを3つお話していきたいと思います。

 

■1:胸元は谷間が隠れるものを

女性のみのクラスであれば、少しくらい胸の谷間が見えても気にならない方は多いでしょう。しかし、男性と一緒のクラスに参加をするのなら話は別。

インナーはしっかりフィットしていてかつ、胸の谷間までスッポリ隠れるデザインのものを選びましょう。

四つ這いや下向き、うつ伏せになるため、自分が思っているよりさらに胸元が強調されるので、要注意ですよ。

 

■2:レギンスにはショートパンツを重ね履き

胸元と並んで気になるのがヒップライン。レギンスのみだとラインがハッキリと出るため、開脚のポーズやヒップを強調するようなポーズは、男性がいると思い切ってできませんよね。

そこで役に立つのが、ショートパンツ。レギンスの上から履いてしまえば、ヒップラインを気にせずにポーズに集中できます。

ただし、2枚のボトムスを重ね着するため、ウエストの締め付けが強くなりすぎる可能性も。ショートパンツは締め付けが緩いものをチョイスすることをオススメします。

 

■3:トップスはあえてダボつかせない

お腹周りのポッコリが気になっても、あえてダボついていない体にフィット感があるトップスを着ることをオススメします。

ダボついたトップスは、四つ這いになったあとお尻を高くつき上げる“ダウンドッグ”のようなポーズ中にめくれ上がり、お腹が丸出しになることがあるから。

どうしてもお腹のポッコリを隠したいなら、キャミソールのような体にフィットするインナーを着てからゆとりのあるトップスを着ましょう。

 

男性と一緒にヨガを受けるのも普段とは違った雰囲気で楽しいものです。それに、皆さんヨガに集中しているため、周りをジロジロと見る方も少ないでしょう。とは言っても、女性側も男性が目のやり場に困らないウエアを着るのもマナーだといえるかもしれません。上記を参考にウェアを選んでみてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】