つま先立ち5秒が効く!ズーンと重い「生理痛」が和らぐ神ストレッチ

ずっしり重い生理痛に悩んでいる方も多いのではないでしょうか? 腹痛や腰痛などの痛みや倦怠感は、できる限り軽減したいですね。

そこで今回は雑誌やテレビで活躍するモデルの桜井未来さんに、女性の健康をサポートするメディカルフィトネス『mb-fit 表参道』にて“生理痛を和らげるツボ&ストレッチ”を体験してもらいました。

薬に頼る前に、ぜひ試してみてくださいね!

 

■生理痛に効果的なツボ押しストレッチ

教えていただいたのは、『mb-fit 表参道』代表の冨田友也さん。

「体が冷えて下半身の血流が悪くなると子宮も収縮します。すると生理痛を引き起こしやすくなってしまいます」(冨田さん・以下「」内同)

そんな生理痛を和らげるために効果的なツボがあるそうです。それが“三陰交(さんいんこう)”というツボ。

「三陰交は、内くるぶしから指4本分上のスネの骨際にあります。足が冷えていると感じたときに、“3秒間ゆっくり押して離す”を5回ほど繰り返します。一日2回ぐらいを目安にするといいでしょう」

冷えを解消し、生理痛を緩和してくれるそうですよ。

 

■家でもできる!生理痛対策の簡単ストレッチ

冨田さん曰く、生理痛は下半身の滞った血液の流れをよくすることが大切なのだとか。

では、血流を改善できる簡単なストレッチを紹介します。

(1)壁を横にして、まっすぐに立つ

このとき、壁に手をついてバランスを取るとやりやすいですよ。

(2)ゆっくりとつま先立ちの体勢のまま、5秒間キープ

つま先立ちになってもまっすぐした姿勢を意識しましょう。

(3)つま先立ちから元に戻し、かかとに重心をのせ、つま先を上げる

ふくらはぎの裏が伸びているのを感じながら、その姿勢を5秒間キープしましょう。

“つま先立ち”と“かかと重心”を1セットとして、5セット繰り返しましょう。

また、バランスボールを持っている方には以下のストレッチもオススメですよ。

 

■バランスボールを使った生理痛対策エクササイズ

デスクワークなどで長時間座り続けると、下半身の血流が悪くなりがち。そんな下半身の滞った血流をよくするエクササイズを紹介します。

バランスボールに座り、足を肩幅より少し大きめに開き、しっかり体を支えます。腰に手をついて、バランスを保ちましょう。

バランスボールに座ったまま、円を描くようにお尻をゆっくり回していきます。このとき、上半身の姿勢は崩さないよう気をつけてください。深呼吸しながら自分のペースで行いましょう。左回り→右回りと、両方の回転を5回ずつ行います。

 

生理痛が辛いときは、家でジーッとしているよりも少し体を動かしてあげた方が軽くなる場合も。自分にとって無理のないペースで行ってくださいね。

 

【取材協力】

 

 

【おすすめ記事(PR)】

元の記事を表示