どんな口紅も「グーンと長持ち」!塗る前2ステップの神ワザとは

表情を華やかに見せることができたり、血色のいい顔に仕上げてくれる“口紅”。しかし「すぐに取れてしまう……」と、なかなか口紅をうまく使えないのが悩みの人もいるのでは?

そこで今回は美容ライターの筆者が、口紅を“長時間キープさせる方法”をご紹介します。

 

■Step1:口紅を塗る前にやるべきこと

持ちをよくするため、まずは口紅を塗る前にやるべきことがあります。

それが、“口紅の下地になるものを塗って保湿する”ということ。

ファンデーションの前に化粧下地を使用するように、口紅にも“下地”になるものを塗りましょう。こうすることで、口紅に油分をプラスすることができるので、口紅が塗りやすくなるのです。

このとき、塗りすぎてしまうと、逆に口紅が崩れやすくなってしまうため注意しましょう。

口紅の下地として筆者がおすすめするアイテムが、キッカの『スムージングプロテクト リップベース』(2,800円<税抜き>)です。口紅下地としてはもちろん、唇の乾燥を招く“紫外線”をカットしてくれる効果もあります。

 

■Step2:口紅を塗る前に「ルースパウダー」を使用する

下地を塗ったら、次に“ルースパウダー”をひと塗りしましょう。こうすることで、口紅が塗りやすくなり長持ちさせることができるのです。

スポンジにルースパウダーを取ったら、まずは手の甲にのせて余分なパウダーを落とします。これで“つけすぎ”が防げます。

 

■Step3:「リップペンシル」で唇全体を塗りつぶす

唇の“輪郭”をつくるときに使用するリップペンシル。しかし口紅の色持ちをよくするために、今回はリップペンシルで唇全体を塗りつぶしていきます。

口紅の色持ちをよくするのはもちろん、より口紅をキレイに発色させることができるのでオススメです。

 

■Step4:「リップブラシ」を使って口紅を塗っていく

最後に口紅を塗っていきます。塗る際はリップブラシを使用しましょう。リップブラシを使うことで以下のような効果が期待できます。

・細かい部分である“口角”も、塗りやすくなる

・厚塗り・色ムラを防ぐことができる

・口紅が密着しやすいので、色を長持ちさせることができる

【リップブラシを使った塗り方】

(1)上唇の山になっている部分と、下唇の中央を塗る

(2)下唇の口角から(1)で塗ってある中央に向かって塗り、上唇の口角から山にかけて塗っていく

(3)下唇の口角の内側を塗っていく

(4)二つ折りにしたティッシュを咥えてティッシュオフする

(5)リップブラシに口紅をたっぷりつけ、再度下唇・上唇の真ん中を重ね塗りする(こうすることで、唇にツヤ感を演出することができ、キレイな発色に仕上がります)

 

口紅を“長時間”キープさせる塗り方をご紹介しました。ぜひ、参考にしてみてください。(※ 価格は編集部調べです)

 

【おすすめ記事(PR)】