ダイエット中の方にとって、宴会は試練の場。メニューに並ぶこってりとした料理や揚げ物は目に毒ですよね。だからといって、空きっ腹でお酒を飲むのは悪酔いの原因にもなるので気を付けたいところ。

では、ダイエット中の飲み会では、何をチョイスしたら良いのでしょうか。ビューティーフードアドバイザーの筆者が比較してみました。

 

■1:豚肉<牛肉

牛の赤身肉には、脂肪の燃焼を促す“L-カルニチン”が含まれます。また、筋肉の成長を助け、基礎代謝を上げるたんぱく質も豊富。豚肉にもたんぱく質や、脂質・糖質の代謝を助けるビタミンB群が豊富なのですが、脂身が多かったりするので要注意。

どちらも揚げる・炒めるより、茹でる・蒸す料理を選ぶとなお良し。

 

■2:キムチ>きゅうりや大根の浅漬け

キムチは発酵食品。腸内環境を整えて便秘の改善に役立ちます。そこに、にんにく・生姜の温めパワーも加わるので、ダイエット向けの食べ物だと言えるでしょう。

きゅうりや大根は、体を内側から冷やす“陰”の食材。塩を使って浅漬けにしているため、むくみも心配。ダイエット中の方は食べすぎ注意です。

 

■3:まぐろの刺身>鯛の刺身

刺身を食べるときは、色で選ぶことをオススメします。それも、身が赤い色をしている魚の方がおすすめ。なぜなら、鉄分を豊富に含むからです。

鉄分には、体中に酸素を運ぶ役割があります。その鉄分が不足して酸素が十分に回らないと、基礎代謝が低下して痩せにくい体になったり、冷えが悪化してむくみを引き起こしたりすることがあるので覚えておくと良いでしょう。

 

間もなく歓送迎会の季節がやってきます。「お酒の席でダイエット失敗……」なんてことにならないためにも、ぜひ参考にしてみてください。

 

【おすすめ記事(PR)】

 

元の記事を表示