むくみ肩こりは「ジュワ~」で解消!寝る前にやりたいストレッチ

デスクワークや家事でこり固まった体は、どうやってほぐしていますか? 早く寝てしまうのも一つの手ですが、少しでもほぐしていかなければ良質な睡眠が得にくくなってしまいます。

そこで今回は、美容ライターとして活動する筆者が、疲れが溜まったカチコチ体をほぐす“血液循環ストレッチ”をご紹介します。

 

■脚のむくみは足先からほぐす

一日の終わりにむくみが気になる場合は、つま先に溜まった血液を循環させることが重要です。

(1)足指ほぐし

20170227suzuki01

床に座り、右足を曲げて、反対足の太ももにのせます。手で親指と人差し指を持ち、二本の指を離すようにグルグルと回しましょう。

親指と人差し指を終えたら、人差し指と中指を回していきます。このようにずらしながら、五本の指を一本ずつほぐしてください。

(2)足首回し

20170227suzuki02

今度は、足の指の間に手の指五本を奥まで入れ、ぐっと掴みます。そのまま足首を回していきます。

右回し左回しとも、大きくゆっくり回していきましょう。

(3)土踏まずをほぐす

20170227suzuki03

正座をし、片方の膝を立てます。両手を床について体を持ち上げ、正座をしている方の足裏を、もう片方の足で踏みましょう。両手で足にかける体重を調節しながら、足指からかかとの手前まで順々に踏んでいきます。

体重を移動する際にジュワ~っと血液が巡るように感じましたか?

血流がアップすると、だんだんとつま先がポカポカしてくるはず。ゆっくりと繰り返すと、むくみがとれていきますよ。

全てのステップが終わったら、反対の足も同様に行ってください。

 

■肩こりに効く!手の循環マッサージ

次は、手のマッサージです。肩こりがひどい方も、手の先からほぐしていきましょう。片方が終わったら、反対側も同じように行います。

(1)手首のリンパを流す

四つん這いになり、片方の手をくるっと体側に返します。向きを変えた手の甲をもう片方の手で押さえましょう。腰をゆっくり下ろしながら、腕の裏をイタ気持ちよく感じるぐらいまで伸ばしていきます(このとき肘は曲げない)。

腰を左右に揺らすことで、色々な方向に伸ばすことができます。今度は手のひらを上にし、同じ様に片方の手で押さえます。腰をゆっくり下ろしながら、腕の外側を伸ばしましょう。こちらも、腰を揺らしながら刺激を加えます。

(2)腕の血流をよくする

四つん這いになり、右腕を左に伸ばしながら右肩を床につけます。伸ばしている腕と反対側の膝、左膝で腕を踏みましょう。体重をゆっくりかけ、腰を軽く揺らしながら5秒ほど深呼吸をします。膝を離したら少しずらし、肘から手先まで踏んでいきましょう。

膝を離したときにジュワ~っと腕に血が巡りましたか?

肩を指圧するだけでなく、腕の疲れをとっていくことも肩こり解消には重要ですよ。

 

むくみや肩こりは、どうしても患部だけをマッサージしてしまいがちですが、他の部分からアプローチすることも大切です。血液の巡りをよくすれば、すーっと自然に眠くなるはずなので、ぜひ試してみてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】