電撃結婚が話題になっている女優の武井咲。主演を務めたドラマ『黒革の手帳』(テレビ朝日系)での美しい着物姿も注目を集めましたよね。髪をアップにしたことであらわになったスラッと長い首からは、美人オーラがバシバシと感じられました。

ほっそりとした首は、女性らしさや色気を演出してくれます。武井咲のような美しい首に近づくにはどうしたらよいのでしょうか。

今回はヨガインストラクターの筆者が、首をほっそりさせるヨガポーズを紹介していきたいと思います。

まずは「首のストレッチ」でウォーミングアップ

首は、長時間のパソコン作業など同じ姿勢で固定される時間が長いと、血行が悪くなってむくみが生じやすくなるパーツです。

まずは、下記のストレッチで首をほぐし、血行を促進してあげましょう。

首のストレッチ・プロセス

(1)床や椅子に背筋を伸ばして座る

(2)息を吸いながら右手を上げて左耳に添え、吐きながら首を右に傾け5呼吸繰り返す

(3)息を吸いながら首を起こし、反対側も同様に行う

肩が上がらないように気をつけながら、気持ちいいと思えるまで何度か繰り返しましょう。

気持ちよく伸ばして首のしわ・たるみ予防「魚のポーズ」

次に紹介するのは、ヨガの“魚のポーズ”。仰向けで寝そべり、後屈をして頭頂部を床につけます。首が気持ちよく伸びるだけでなく、首のしわの予防・改善にもオススメですよ。

魚のポーズ・プロセス

(1)床に仰向けに寝て、両腕・手のひらは体の下にしまう

(2)肘で床を押しながら背中を持ち上げたら、頭のてっぺんを床につける。ここで鼻呼吸を5回繰り返す。頭に体重が乗り過ぎないように注意

(3)肘で床を押しながら背中・頭をゆっくりと持ち上げ、仰向けの姿勢に戻る

これらのストレッチやヨガポーズのほかにも、顔を下に向ける時間を短くする、背すじを伸ばすなどして日ごろから首にしわ・たるみをつくらないようにすることも大事です。

寝転がったままできる魚のポーズ。ほっそりと美しい首をつくるために、参考にしてみてくださいね。

【画像】

※ getty images

元の記事を表示