もう帰れば?3位ずっとスマホ「男がお花見でドン引き」女の行動TOP10

桜の開花予想も発表され、もうすぐ春本番。すでにお花見の計画を立てているという方もいるのではないでしょうか。

お花見では、お酒が入っていても協調性や周りへの気遣いは大切。知らぬうちに周りの男性をドン引きさせてしまう行動には気をつけたいですよね。

そこで今回『美レンジャー』では、“お花見でガッカリする女性の特徴”について調査を実施。20~40代の男性500名は、どんな女性にガッカリすると回答したのでしょうか。その結果についてご紹介します。

 

■お花見で男性落胆!女性の態度&行動ランキング

さっそくランキングを見ていきましょう。

第10位・・・露出の多い格好で来る(8.8%)

第9位・・・みんなが盛り上がっているときに、一人だけ冷めている(9.6%)

第8位・・・他のグループの男性ばかり見て逆ナンをする(11.2%)

第7位・・・お弁当の準備や場所取りなど人任せで何もしない(13.4%)

第6位・・・食べ方が汚い(15.2%)

第5位・・・ゴミをきちんと分別しない(15.8%)

第4位・・・他のお花見をしているグループに迷惑をかける(17.4%)

第3位・・・ずっとスマホをいじっている(23.6%)

第2位・・・会話が人の悪口ばかり(24.6%)

第1位・・・お酒を飲んで暴れる(29.0%)

基本的なマナーから、グループ内はもちろん他のグループへの気遣いなどの問題が続々ランクインしました。

その中でも“お酒を飲んで暴れる”が多くの票を集め第1位に。お酒に飲まれてしまっては、2位以降にランクインしたマナーに気をつけようと思っても、全て不可能になってしまいかねませんよね。

“お花見”という本来の目的を忘れずに、お酒はほどほどを心がけましょう。

 

■たんぱく質と食物繊維がカギ!「悪酔いを回避する」食べ物

人によってお酒の強さは違うもの。自分の体に無理のないよう飲むことはもちろんですが、一緒に食べるものに気を遣うことで、悪酔いを避けることができます。

今回は、暮らしに役立つ知恵と情報を調査・収集し、衣食住や仕事・趣味に使えるコツを追求する『快適生活研究会』の著書『「ダンドリ」ワザあり事典 仕事・家事から遊び・恋愛まで、使える知恵』から、アルコールの代謝を促し、“悪酔いを防ぐ食品”をご紹介します。

(1)脂肪の少ない魚や肉、豆腐、卵、チーズなど……たんぱく質の多い食品

良質なたんぱく質は、アルコールの代謝を促すアルコール分解酵素をつくるので、お酒のつまみにはとても適しています。おつまみとしての種類も豊富なので、気軽に購入することができますよね。

(2)野菜や海藻類など……食物繊維を多く含んだ食材

野菜や海藻などの食物繊維を多く含んだ食材は、たんぱく質同様、アルコール代謝を促します。

また、余分なコレステロールや脂肪の排出に役立ち、悪酔いの防止にも。セロリやニンジンなどを野菜スティックとして持参してもいいかもしれませんね。

食品のほかにも、何も食べずにお酒だけを飲む“カラ酒”を避けたり、様々な種類のアルコールを飲んだりする“ちゃんぽん”も気をつけるべきポイント。お酒だけでなく、お水もこまめに飲むよう心がけ、アルコールが排泄されるようにしましょう。

 

春の素敵なイベントをみんなで楽しめるよう、お花見にお出かけの際は是非参考にしてみてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】

 

【参考】

※ 快適生活研究会(2001)『「ダンドリ」ワザあり事典 仕事・家事から遊び・恋愛まで、使える知恵』(PHP研究所)

元の記事を表示