アラサーでも使える!華やかブルーアイメイクテク

春になると毎年華やかなカラーメイクがトレンドとなります。色を使ったメイクは可愛いけれど、私たちアラサー世代がメイクに取り入れるとなると、「気合い入りすぎに見える」とか「イタいと思われたらイヤ」という声をよく耳にします。若くもなく、お姉さんとまでいかないこの年代は色々悩ましいお年頃ですよね。でも、今は年代関係なくカラーメイクを楽しむ時代です! まずは取り入れやすい爽やかな印象のブルーメイクはいかがですか? 今回は優しい印象に見えてくすまないブルーメイクをお届けします。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■How to makeup

(1)ベースカラーはベージュを使って、まぶたのくすみを飛ばす

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

目のまわりにブルーを使うときは、まぶたが暗く見えないようにツヤのあるベージュのアイシャドウを仕込みましょう。

この時点で、まぶたのくすみを飛ばしておくことが、アラサーのブルーメイクのポイントです。

(2)アイシャドウは華やかなターコイズブルー系をチョイス

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

次に、まつ毛のキワにブルーのアイシャドウをチップでのせていきます。目を開いた時に少し見える位置辺りまでのせましょう。派手な色は使いにくいと思われがちですが、ブルーは意外と使いやすいカラーなのです。

(3)シルバーのラメが入ったアイシャドウで明るさをプラス

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

くどいようですが、ブルーがくすんでしまうと老け顔に見えてしまう可能性があります。それをカバーするために、シルバーラメの入ったアイシャドウでさらにまぶたに明るさをプラスしましょう。下まぶたにも入れると白目がキレイに見えます。

ただし、広い範囲に入れてしまうと若すぎる印象が強く出てしまうので、まつ毛のキワに控えめに丁寧に入れましょう。

(4)アイラインとマスカラを塗ったら完成です。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

最後にまつ毛のスキマを埋めるようにブラックのアイラインを細く引きます。黒を使うことで、アイシャドウに締め色を使わなくても目がぼやけません。まつ毛はボリュームタイプより、ロングタイプやセパレートするものを選び丁寧に仕上げましょう。これでアラサーでも使えるブルーメイクの完成です。

できれば年齢は気にせずに好きなものは好きなように使ってメイクしたいのが本音ですが、アラサーならではの良さを引き立たせるメイクプロセスを発掘するのもまたメイクの面白いところ。

大人っぽく見られがちなキレイ系の顔立ちの方は、この方法でメイクすればバブリーな印象にならずに優しく見えますよ。ぜひ参考にしてみてくださいね。

(コスメ/メイクライター・森田 玲子)

絶対に崩れない!美容ライター溺愛の最強下地6選

【インタビュー】30代40代からの髪型どうする?ヘアライターに質問!
ふんわり艶髪に!マイナス5歳若見えするドライヤーのかけ方
失敗しない!美容院でのオーダーの秘訣は「自己開示」
セルフ頭皮ケアですっきり顔に!ケア法とおすすめオイル5選
伸ばしかけも簡単!30代・40代に◎前髪アレンジまとめ

おしゃれ度がアップ!メイクとファッションのリンクのさせ方
イタくない!大人可愛くなれる「ピンクアイシャドウ」3選

肌悩み別、くすみを払拭して透明感をアップするチーク4選

元の記事を表示