年齢を重ねるたびに「若いっていいなぁ」なんて、思ってしまうことも。ですがアラサー・アラフォーになったからこそ、落ち着いて「いい恋ができる」と変化を感じることもありますよね? 若さゆえのまぶしい恋もありますが、大人の恋も悪くないな~と思える「変化」とは? 今回は男女に聞いた「大人ならではの恋愛の変化」をご紹介します!

アラサー女子が「大人も悪くないな」と思える「恋愛の変化」

1. 恋だけじゃなく「ひとりの時間」も楽しめる

以前は「頭の中が恋愛でいっぱい」になってしまうこともあったけれど、今は落ち着いて「恋愛も自分の時間も、両方大切にできる」という声も目立ちました。お互いにベッタリしすぎず、仕事も趣味も大事に……とさまざまな楽しみ方ができるようになるのは、大人の恋ならでは?

「彼のことで頭がいっぱい……なんてことがなく、自分の時間も大事にできるのがいいところ! お互いベッタリしすぎず、趣味・仕事・友達……多くのことを楽しめるようになった」(33歳・女性・アパレル関連)

▽ 恋に夢中になりすぎず、仕事も趣味も、多数のことを楽しめる余裕が「大人の恋愛」なのかも!

2. 若いころは惹かれない相手にも恋できる

若いころは「見た目重視」とか、○○じゃないとダメとか好みのタイプの幅がせまかったけど、性格の良さ・頭の良さ・やさしさ……などなど、さまざまな「魅力」を見つけられるようになったという声も目立ちました。

「見た目重視から、中身重視に変わったこと。性格・やさしさ・頭の良さとか。本当の意味で『好きなタイプ』の女性と恋できるようになった気がする」(35歳・男性・通信会社勤務)

▽ いろんな人と出会って好みにも変化が? 前の自分なら絶対に惹かれない相手にも「魅力」を感じられるようになったり……。

3. それとなく「悪い男」を避けられるように

遊び目的、下心しかない悪い男を「察知」できるようになったという声も。昔なら「かわいいね~」と褒め倒されて、コロッと流される自分がいたけれど、今では「下心丸出し」ってわかるようになったのがいいところという声もありました。

「自分の経験や友達の経験から、悪い男を察知する能力がやしなわれた(笑)。こいつ、絶対に遊び目的だな……という男を避けられる」(32歳・女性・インテリア関連)

▽ 悪い男を見破る力、大人にならないとわからないこともありますよね! 下心だけの男は「お断り」できるように?

4. 心のつながりを重視できるように

愛する人と「心と心のつながり」を大事にするようになった、という声も。昔は「毎日でも会いたい!」ってなったけれど、今では「会えないときも心がつながっている相手」と恋をしたい……。内面を重視した関係を築くことが大切になるのかもしれませんね。

「深い意味で心がつながっている相手との恋! 会えないときも、心がつながってるな~って安心できる恋愛が大切に」(31歳・女性・IT関連)

▽ 物理的な距離も大事だけど、気持ちや内面がつながっていることの方が大事に!

5. お互いの「素」を愛せるように

以前なら「相手の好みに寄せないと!」と無理に努力して、相手の理想の恋人像を演じてしまったこともあったけれど。今では「素」の姿を見せることができて、そんなところが「愛おしい」と思える相手との恋が一番になったという声も目立ちました。

「お互いにリラックスできる関係であることが大事になった。飾らない素の彼女を『愛おしい』と感じられる恋愛こそ一番! って思えるようになった」(34歳・男性・飲食関連)

▽ 小さなことで幻滅しなくなったり、寛容になったり。かっこつけるより、お互いの「素」こそ、愛おしいと思えるように!

若いころの恋愛もいいけれど、大人の恋ならではの「いい変化」もたくさんありますよね! 年齢を重ねるたびに、若さがまぶしい……って焦ることもありますが。こんな「いい部分」に目を向けると、前向きに大人の恋が楽しめそうな気がしませんか?

元の記事を表示