エステティシャンが教える!シートマスクの効果的なつけ方

今や数え切れないほどたくさんの種類があるシートマスク。お値段も数百円から数千円のものまで幅広いですね。数十枚入ったものもあるので、毎日つけているなんて方も多いのではないでしょうか?

そんなシートマスク、実は効果的な付け方のコツがあるのです。反対に効果が半減する付け方をしていることもあるかも? ぜひ一度見直してみて。 

女子の美肌づくりを応援するWebマガジン| Life & Beauty Report

■シートマスク前は必ず「洗顔+化粧水」を忘れずに

クレンジング洗顔でお肌をきれいな状態にした後、必ず化粧水をお肌全体になじませてからシートマスクを乗せるようにしましょう。

シートマスクで保湿するからといって、化粧水を省いてしまう方もいらっしゃいますが、シートマスクの役割はあくまでも「美容液」ですので、目元や口元など乾燥しやすい場所やお肌が乾燥している状態だとピリピリする場合があるので、化粧水で肌を整えてからシートマスクをするようにしましょう。

■シートマスクの効果的な付け方

STEP1

女子の美肌づくりを応援するWebマガジン| Life & Beauty Report

お顔の中心とマスクの中心を揃えてお肌の上に乗せます。

STEP2

女子の美肌づくりを応援するWebマガジン| Life & Beauty Report

眉頭、目の下、小鼻、口角、顎と抑えて矢印に向かって貼り付けます。

STEP3

女子の美肌づくりを応援するWebマガジン| Life & Beauty Report

フェイスラインや頬をこめかみに向かって持ち上げるように固定します。

STEP4

女子の美肌づくりを応援するWebマガジン| Life & Beauty Report

写真のようにできるだけ、肌とシートマスクがピッタリ密着するようにのせましょう。フェイスライン、頬を少し持ち上げることでたるみ予防にもなります。

■シートマスク使用時のワンポイントアドバイス

ベストタイミングは「入浴後」

事前にシートマスクを冷蔵庫で冷やしておき、お風呂上がりにお肌に化粧水を塗った後、シートマスクを乗せます。入浴後は毛穴が開いてメイク汚れも落ち、血液循環もよくなっているので、一番最高のタイミング。

目元や法令線など専用の美容液をお使いの方はシートマスクを乗せる前に部分的に塗るのもオススメ。

乾燥や目元の小じわ、口元のカサカサなどが気になる場合は、保湿タイプの美容液やシートマスクを。くすみやシミなどが気になる場合は、美白タイプの美容液やシートマスクを選びましょう。

シートマスクにラップをONして保湿

シートマスクをした上から(鼻と口は開けておく)ラップを乗せます。シートマスクを長く乗せておけば効果がある? と思っている方もいらっしゃいますが、商品パッケージに書かれている目安時間通りにしましょう。

長く置きすぎてしまうとシートマスクが乾燥してしまい、お肌の水分が奪われて肌トラブルの原因となってしまいます。

特別な日だけではなくデイリー使い

シートマスクは特別な時や週末のスキンケアアイテムとして使われることも多いですが、毎日のアイテムとしても使えます。

たまに使うよりも、毎日のアイテムとして使うことで、お肌の透明感やツヤ感、お肌のコンディションは確実にアップします。平日はプチプラシートマスク、週末はご褒美に高級マスクと使い分けてもいいですね。

使い終わったシートマスクを絞ってみて

使い終わったシートマスクをすぐに捨てていませんか? ぎゅーっと絞ってみると美容液が出てくることもあります。再度お肌になじませたり、首や腕や足などにつけてもいいですね。

最後は「乳液・クリーム」で閉じ込める

シートマスクの後は必ず、乳液やクリームなどの油分でお肌に蓋をしましょう。

■シートマスクを使いこなそう

プチプラマスクでも高級マスクでも、お肌への乗せ方や馴染ませ方などで効果が変わってきます。せっかく使うならば、効果が高くでる使い方をしてみてくださいね。

(エステサロン プライベートサロン Laule’a 代表・寒川あゆみ)

エステティシャン直伝!お疲れ顔にさよならマッサージ

「笑顔の癖」がシワを生む!?老け見えポイントと顔ヨガ2つ
口ポカンになってない?艶唇に導く“チューください”ポーズ
お肌と時間に合わせて使い分け!1stステップコスメ3選
「乳液」使いこなせてる?肌も気持ちも柔らかになる乳液3選

元の記事を表示