オールホワイトやオールグレーのワントーンコーデって、大人っぽくて本当に素敵。あなたは、ワントーンコーデにトライしたことがありますか?

「なぜか私のワントーンはモッサリしていて垢抜けない……」とお悩みのあなたへ、今回はファッションライターである筆者が、ワントーンコーデが垢抜けない理由を3つお届けします。

 

NG1:締め色を入れていない

ワントーンだからといって、頭から足の先まで同じ色で統一していませんか? ベージュ、グレー、ホワイトなどの淡い色のワントーンが旬の今季、どこかに引き締めカラーを入れてあげないと全体的にぼんやりした印象になってしまいます。

締め色は、下記の箇所に入れましょう。

(1)顔周り

顔や首周りが淡い色だと顔がぼんやりして見えることも。トップスが淡い色ならば同色系の濃いカラーか、反対色を顔や首周りに持ってきます。

グレーのセーターの下にはネイビーのシャツ、ベージュのセーターのなかにはブルーシャツ、白シャツにグレーのカーディガンなど、薄い色と濃い色のメリハリをつけます。深み色トップスに淡色ストールなどもオススメ。

(2)小物

バッグ、靴、ストール三点のうち、どれか一、二点に濃い引き締めカラーを入れます。オールホワイトなら旬カラーのボルドーやカーキ、グレーにはマスタードイエローや鮮やかなブルー、ベージュや黒には赤など、アクセントになる深み色をチョイス。

 

NG2:異素材をミックスしていない

全身のカラーはワントーンで統一しますが、全て同じ素材を選ぶと野暮ったくなってしまいます。特にグレーやホワイトは膨張色なので、異なる素材をミックスして色合いに強弱をつけましょう。

光沢のある素材に、ニット、デニムやスエードなど真逆の素材をプラスして風合いにグラデーションを作りましょう。トップスとボトムスは違う素材、トップスとボトムスが同じ素材ならファーのストールや足元をメタリックにするなど、同色系でも素材を変えていけばこなれワントーンコーデになりますよ。

 

NG3:同じスタイルで統一している

デザインを甘辛ミックスにすると一気にオシャレ度がアップ。フェミニンなスカートにはレザージャケット、マニッシュなパンツにはパンプス、スイートなワンピにはローファーなどのオヤジ靴など、かわいい&かっこいい、キレイ&ラフなスタイルをあえて合わせると垢抜けてみえます。

 

ぜひこの秋冬は、NGポイントに気をつけて、ワザのある“ワントーンコーデ”にトライしてみてくださいね。

 

元の記事を表示