ギャッ…メイクやり直し!「チークでおブスに仕上がる」典型的ミス3つ

せっかくベースやアイメイクはうまくいったのに、チークで台無し! なんてことはありませんか?

そんなメイク悩みがある方が、やりがちなNG行動があります。今回は、典型的な3つをご紹介しましょう。

 

■1:付属のミニブラシのみを使用している

失敗の大きな原因はこれ。簡易的な付属のミニブラシは、粉をまんべんなく含むことができず、チークが部分的に濃くなりがち。大きなチークブラシを使って、しっかり粉を含ませてからチークを塗るようにしましょう。

家で使うブラシの他に、出先でメイクを直すときに便利な“くり出しタイプ”の大きめブラシを携帯するのもおすすめです。

付属のミニブラシは、外出中お直しするときに使用したほうが賢明です。

 

■2:付ける前に粉を落としていない

忘れがちなのが、ブラシについた余分な粉を落とすこと。ブラシにしっかり粉を含ませたら、チークの容器で柄の部分をトントンして粉を落とすか、ティッシュの上で軽く馴染ませるように粉を落としましょう。

粉を薄く均等にブラシに含ませることが、ムラなくチークを仕上げるための重要なポイントです。

 

■3:手持ちカラーが1種類だけ

アイシャドウやなりたいイメージに合わせて、チークの色も変えてみましょう。アイシャドウがブルーやパープル系のときにはピンク系のチークが、暖色系のときにはオレンジがよく合います。

また、元気・フレッシュなイメージがよければオレンジ、かわいらしい・上品な印象にはピンク、大人かっこいいを目指すならブラウン系のチークを使ってみましょう。洋服の印象に合わせてカラーをチェンジするのもおすすめです。

 

チークは上記のような、ちょっとした工夫で仕上がりに差が出ます。明日から気をつけてみてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】

※ なんか毎日同じ顔…あか抜けない顔をパッと旬顔に変える眉テク

 

元の記事を表示