もうすぐやってくるクリスマス。恋人たちにとって、1年の中でもかなり大きなイベントですよね。食事をしてプレゼント交換をしたりして、そのままお泊まり……♡なんてカップルも多いことでしょう。しかし、そんなときに不測の事態が起こって、「お泊まりデートでエッチできなかった!」となってしまったカップルもいるんです。

1:ディナーで元を取ろうとして飲み過ぎた

「クリスマスディナーを予約したのですが、ちょっと高かったんです。フリードリンクだったので、高い料金の元を取ろうとしてアルコールを飲み過ぎたら、いざホテルでエッチをするときに勃たなくなって……。結局エッチなしだったことがあります」(Aくん、男性/28歳)

レストランのクリスマスディナーは、“クリスマス価格”になるんですよね~。だからといって、「元を取らなきゃ!」とお酒をガバガバと飲んではいけません。

あなたの酒量につられて彼も大量にお酒を飲み、夜が残念なことになってしまうかもしれません。

2:ホテルがどこも満室

「彼氏とふたりでデートしたあと、ラブホテルに泊まろうとしたんです。“混んでるだろうし、高い部屋しか空いてないかもね”なんて話をしていたんですけど、高い部屋も満室で……。探しまくったけど、どこのホテルも全部満室だったことがあります」(Bさん、女性/24歳)

「結局どこのホテルにもチェックインできず、カラオケに行ってそのまま始発で帰宅することになってしまった」というBさん。

部屋がなければ、当然エッチはできませんよね。気分が高まっていただけに、エッチができなかったときの不満は大きいでしょう。

エッチを予定しているみなさんはクリスマス当日、事前にホテルに予約するなど、きちんと場所を確保しておきましょうね。

3:プレゼント準備に気を取られコンドームを忘れた

「師走で仕事が忙しくて、クリスマスのギリギリまでプレゼントを用意できなかったんです。プレゼントは何とか間に合ったんですけど、そっちに気を取られ過ぎて、コンドームを鞄に忍ばせるのを忘れちゃったことがありますね」(Cくん、男性/27歳)

ラブホテルならば備え付けのコンドームがありますが、Cくんたちが泊まったのは普通のシティホテル。いざエッチをしようとしたタイミングで“忘れ物”に気づいたそうで、タイミング的にも最悪だったのだとか。

もちろんコンドームを付けない状態でのエッチを彼女が許してくれるわけもなく、Cくんのクリスマスエッチは“不発”に終わったのだそう。

4:隣の部屋から奇声が……

「ホテルでイチャイチャしていたら、隣の部屋から声が聞こえてきたんです。最初は“隣の部屋もカップルなんだな”くらいにしか思っていなかったんですけど、だんだんその声が大きくなってきて、最後のほうは“キェェェ!”って感じの奇声になっていて……怖くなって萎えちゃったことがあります」(Dくん、男性/28歳)

隣の部屋から奇声が聞こえてきたら、エッチどころじゃないですよね。壁越しの“エッチな喘ぎ声”なら、それを聞いて自分たちカップルも興奮するかもしれませんが……。奇声を聞かされたら萎えてもしかたありません。

「その奇声は夜遅くまで聞こえていた」らしいのですが、Dくんには、最後まで何の声なのかわからなかったのだとか……。なんだか怖い話です。

いかがでしたか?

楽しい楽しいクリスマス。何らかのトラブルでエッチができなかったとしても、気にすることはありません。彼とふたり、聖なる夜を一緒に過ごせるだけで幸せだと考えましょう。

元の記事を表示