クリームチークは「ファンデの前or後?」タイプ別…頬紅の正しい塗り方

顔に血色感をプラスして、華やかな顔立ちにすることができる“チーク”。

使用するテクスチャーによって、ガラリとメイクの雰囲気を変えることができるアイテムです。チークを上手に使い分けることができれば、メイクの幅が広がりますよ。

そこで今回は美容ライターの筆者が、チークのタイプ別に“正しい使い方”をご紹介します。

 

■パウダーチークの使い方

パウダーチークは、粉を固めて固形にしたチークのこと。ふんわりとした顔立ちに仕上げたいときに使用するといいでしょう。ブラシに取って、サッと頰に伸ばすだけでキレイな仕上がりになるので、チーク初心者でも使いやすいです。

【使い方】

(1)チークブラシに取り、まずは手の甲にのせて余計な粉を落としましょう。こうしてチークの量を調節すれば、頰にムラなくのせることができます。

(2)“ニコッ”と笑ったときに、頰の部分が一番高くなる箇所を中心にくるくると円を描くようにのせていきましょう。

頬につけるときは、ブラシの“側面”を使用しましょう。これもムラなくキレイに発色させるためのコツです。

 

■クリームチークの使い方

クリーム状になったチーク。肌にピタッと密着し、トレンドのツヤ感のある頰に仕上げることができます。内側からジュワ~ッとにじみ出るような色気のあるチークメイクにしたいときに、オススメです。

パウダーチークと違い、こちらは指を使って塗っていきます。

【使い方】

(1)クリームチークを、中指で取り、手の甲にのせて、頰に塗る量を調節しましょう。チークは中指が塗りやすいですよ。

(2)“ニコッ”と笑ったときに、頰の部分が一番高くなる箇所を中心に“ポンポンッ”とタッピングするように優しく叩き、ぼかしながら広げていきましょう。

リキッドファンデをつけるときのように、横に滑らせると失敗しやすいので注意してくださいね。

ファンデーションはリキッドかクリームがオススメ。パウダーファンデを使用する場合は、必ずファンデーションの前に使用してください。そうしないと、ファンデーションがムラになってしまいます。

 

■リキッドチークの使い方

リキッドチークとは、液状のチークのことを指します。見た目は、ネイルカラーのような形状をしています。少量でも発色がよく、こちらも内側からにじみ出るような自然な血色感を楽しむことができます。

【使い方】

(1)リキッドチークはネイルと同様、蓋についている筆でメイクをしていきます。

ただし、注意してほしいのが頰に“直塗りしないこと”。直接筆で塗り広げてしまうと、塗りすぎてしまう可能性があるので気をつけて!

筆でチークを適量取り、手の甲に塗って量を調整しましょう。それを中指の腹に“チョンッ”とつけます。こちらもタッピングするようにポンポンと優しく叩いていきましょう。

(2)中指の腹に少しのせたら、“ニコッ”と笑ったときに、頰の部分が一番高くなる箇所を中心に“ポンポンッ”と優しく叩いてぼかしながら広げていきましょう。

こちらもクリームチーク同様、ファンデーションがリキッドやクリームならば、ファンデーションの後に、パウダーファンデーションの場合は、ファンデーションの前にチークをつけましょう。

 

以上、チークのタイプ別、“正しい使い方”をご紹介しました。チークの正しい使いをマスターして、もっとキレイに磨きをかけてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】