ストレスに負けない心と体を「食事の力」で!オススメ食べ合わせ3選

出会いや別れ、環境の変化……。春はストレスが溜まりやすい季節です。ストレスが溜まると、体調や肌の調子が悪くなったり、心が塞いだりさまざまな不調が起こるため、上手にスルーしたいところ。

そこで今回は、ビューティーフードアドバイザーの筆者が、“ストレスを緩和する食べ合わせ”を3つご紹介していきたいと思います。

 

■食からストレス緩和!オススメの食べ合わせ3選

(1)かぼちゃ×チーズ

かぼちゃに含まれる抗酸化作用を持つβ-カロテン・ビタミンC・E。そして、チーズに含まれる体を作るもととなるたんぱく質。これらは、ストレスに対抗する体作りに欠かせない栄養素であり、ストレスによって消費されやすい栄養素でもあるので、気を付けて摂取する必要があります。

かぼちゃのグラタンやクリームパスタを作って、美味しく取り入れてみては。

(2)赤ピーマン×ブロッコリー

ビタミンCは、“副腎”というストレスに対抗する臓器から分泌される副腎皮質ホルモンの材料となる栄養素。つまり、ビタミンCを摂ることで、ストレス耐性が高まるというわけなのです。

ただし、ビタミンCは水溶性の栄養素なので体内に蓄えておくことができません。数回に分けて摂取しましょう。

【ビタミンCを含む食べ物】

赤ピーマン/黄ピーマン/キャベツ/水菜/ブロッコリー/いちご/ゆず/レモン/キウイフルーツなど

(3)卵×トマト

卵は、脳に運ばれると幸せホルモン・セロトニンを生成する“トリプトファン”を含む食材。トマトは、体内にこもった余分な熱を取り、イライラとした気持ちを静めてくれる食材。

また、トマトに含まれる抗酸化成分の王様・リコピンは脂溶性の栄養素なので、油を使った料理との相性が良いです。卵と一緒に炒めて美肌効果も狙っちゃいましょう。

 

食事の力でストレスを緩和して、春の陽気のような穏やかな心で過ごしたいものですね。

 

【おすすめ記事(PR)】

※ なんか毎日同じ顔…あか抜けない顔をパッと旬顔に変える眉テク

 

元の記事を表示