ズルいほどの陶器肌!「すっぴん美肌女子」は絶対しないNG習慣5つ

お泊まりデートですっぴんになったらお肌がボロボロ……そんな状況では、彼もドン引きしてしまいますよね。メイクをしなくても、まるで陶器みたいに色白でツヤツヤ肌は、女性にとって永遠の憧れのはず。

そこで今回は美容ライターであり、現役モデルでもある筆者が、“すっぴんでも美肌である為に、絶対やってはいけないNG習慣5つ”をご紹介します。

 

■NG1:暖房をつけているのに加湿しない

寒さが続く毎日で、暖房をつけている時間は圧倒的に長いはず。オフィスでもガンガンに効いたエアコンの中では空気が乾燥しています。

せっかく化粧水でケアしても、暖房で肌がドンドン乾燥していったら努力も水の泡……。

そこで暖房をつける時は、一緒に加湿する習慣もつけましょう。加湿器を使わなくとも洗濯物を部屋干ししたり、浴槽のドアを開けっ放しにすると効果的です。

またオフィスでは机の上に置ける、ペットボトルを差し込むタイプの手軽な加湿器もありますので、チェックしてみてくださいね。

 

■NG2:お風呂上がりに、すぐ化粧水をつけない

お風呂に入ると肌を保湿する成分も一緒に洗い流されてしまうので、お風呂上がりは最も乾燥しやすいタイミングです。そんな時に髪の毛をドライヤーで真っ先に乾かそうなんて、もっての外!

まず洗顔後のデリケートな肌には、真っ先に化粧水で水分補給しましょう。値段が高ければ良いという問題でもなく、コスパが良い化粧水を一度のスキンケアでたっぷり使えることが美肌へのヒント。

 

■NG3:スキンケアは化粧水だけで安心している

前項目に関連して、洗顔後は化粧水をバシャバシャ使ったから、十分に肌も潤ったと安心するのはまだ早いです。みなさんも一度は耳にしたことがある「化粧水で水分補給、乳液でフタ」という言葉。

まさにこの手順の通り、化粧水だけでは肌の水分が時間と共に蒸発していってしまいます。そこで、ケアの後には乳液で、肌にフタをしましょう。

 

■NG4:季節や天気によって、日焼け止めを塗らない

夏や晴天の日差しが強い時は小まめに塗っていた日焼け止めも、冬になった途端お蔵入り。ましてや曇りの日だと、紫外線についてスッカリ油断していると気付いた頃には顔中シミ・ソバカスだらけになっているかも。

確かに夏の紫外線に比べれば、冬の紫外線は弱め……けれど、変わらず肌に紫外線は届いています。曇りの日も同様。季節や天候に左右されず、日焼け止めは常備するのがマストですね。

 

■NG5:24時間対応のコスメだからと、常にそのまま寝る

流行りの“24時間落とさなくても大丈夫”なコスメ……どんなに優しい成分で出来ていても、帰宅後そのまま就寝コースを繰り返すと肌荒れに繋がることも。

美肌を作る一番の近道は、メイク落としにあると言えるでしょう。特にクレンジングは一歩間違えれば肌を傷つけたり、色素沈着を残すなど、とてもデリケートな作業です。

コットンでゴシゴシこすったり、顔全体を雑に洗い流すのではなく、ポイントのパーツごと丁寧に時間をかけてゆっくりメイクオフしてください。

 

美肌は“毎日のスキンケア”の積み重ねで出来上がります。NG習慣にドキッとした人は、今日から正しいケアにトライしてみましょう!

 

【おすすめ記事(PR)】