ヨガを行っているとき、休息をするためにとる“チャイルドポーズ(子どものポーズ)”。どんなクラスを受講していても2~3回ほど出てくるのではないでしょうか。

ですが、実はチャイルドポーズをしていても、きちんと休めていない方もいるのです。

ここでは、ヨガインストラクターの筆者が“NGチャイルドポーズ”について、お話していきたいと思います。

 

■体も心も休まらない「NGチャイルドポーズ」の特徴

もっともポピュラーなチャイルドポーズが、この腕を伸ばしたポーズです。かかとの上にお尻を乗せたら両手を前に伸ばし(肘は軽く緩める)、おでこを床につけ、お腹と太ももを密着させます。

上記でもお伝えしたように、“チャイルドポーズ”はお休みのポーズ。一見簡単そうなポーズですが、体が緊張状態のままという方の姿もよく見かけます。

チャイルドポーズをとるときは、3つの項目に気を付けて。

(1)かかととお尻が離れている

お尻が浮いている状態では、臀部・下肢が休まりません。お尻は、しっかりとかかとの上に乗せましょう。

(2)腕がまっすぐ伸びている

チャイルドポーズをとるときは、肘を軽く緩めてあげると肩甲骨や肩、腕の力が抜けてリラックスできます。

(3)お腹と太ももが離れている

お腹と太ももが離れていると、腹部に力みが生じます。しっかりと密着させて、上体を預けましょう。

上記のNG3つを改善しても緊張が解けないという方は、次のバージョンも試してみてください。

 

■手を重ねたチャイルドポーズ

重ねた手の上に額を乗せるチャイルドポーズ。腹部の圧迫感が気になる方や、おでこが床につかない方はこちらをチョイスしましょう。

 

■腕を体側に沿わせたチャイルドポーズ

おでこを床につけたまま、両腕を体側に沿わせたチャイルドポーズ。腕を前に伸ばすと、「肩に力が入ってしまう」、「肩の力が抜けない」という方にオススメです。手のひらは上に向けるといいでしょう。

 

いかがでしたか。ただの休息のポーズだと思わず、しっかりとリラックスしてから次のポーズに取り組めるよう、今一度自分のチャイルドポーズをしっかり意識してみてください。

ちなみにチャイルドポーズは、背中のコリ・腰痛が気になるときに取り入れるのもいいですよ。

 

【おすすめ記事(PR)】

元の記事を表示