デリスタグラマー的!SNSでみんなと差がつく「料理写真」の撮り方

みなさん、「デリスタグラマー」という言葉を耳にしたことはありますか? デリスタグラマーとは、「デリシャス+インスタグラマー」の造語で、料理やテーブルコーディネートに長けたインスタグラマーのこと。その写真を見て、「素敵」と刺激を受ける方は多いでしょう。

そこで今回は、デリスタグラマーのような料理写真を撮る簡単なコツをご紹介したいと思います。

 

■1:料理はワンプレートに

料理は複数のお皿に盛り付けるよりも、ワンプレートにまとめた方が断然今っぽさが出ます。そして、より美味しそうに見せるために、色をたくさん使うこともポイント。野菜の緑や赤、黄色、ご飯の白にごまの黒をプラスしても良いでしょう。

同じ色味の料理が並ばないように盛り付けてみてください。

 

■2:写真は真上から撮影する

料理全体+テーブルコーディネートの一部がおさまった写真は、とてもオシャレ。また、真上から撮影することで、写真の歪みも少なくなります。

自分やスマートフォン・カメラの影が入らないように、光の位置を調整しながら撮りましょう。

 

■3:テーブルクロスに動きをつける

テーブルクロスは、ただ敷くよりも、折りたたんだり、ずらしたりして下のテーブルを見せてあげると素敵です。

お気に入りの一枚を見つけて、クロスを工夫し料理を彩ってみては?

 

「私も素敵な料理写真を撮りたい!」と思っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。料理上手だと噂の的になるかも!?

 

【おすすめ記事(PR)】