ヒェ~恥ずかしい!講師も経験した「ヨガ初心者」のやりがちミス4つ

コートを脱ぐ季節はもうすぐそこ。その前に、「ボディラインを引き締めておきたい」とヨガに通い始めた方もいるでしょう。

そこで今回は、ヨガインストラクターの筆者が経験した“レッスン中に失敗して大後悔したこと”を4つお伝えします。ヨガ初心者さんは必見ですよ。

 

■1:レッスン前に「ニオイの強い食べ物」を食べてしまった

ヨガは、公園や浜辺で行うこともありますが、ほとんどはスタジオの一室といった閉ざされた空間の中で行いますよね。しかも、呼吸は鼻から吸って吐く“鼻呼吸”なため、普段よりもニオイに敏感になる方が多いもの。

レッスン前に玉ねぎなどの香味野菜やスパイスを使ったニオイの強い食べ物を摂ってしまうと、「私、息が臭ってないかな」と気になってヨガに集中できなくなってしまいます。

当日はもちろん、前夜からニオイの強い食べ物は控えることをオススメします。

 

■2:ストレッチが不十分だった

多くのヨガのレッスンには、しっかりとしたポーズに入る前に徐々に体をほぐす流れが組み込まれています。とはいっても、軽いストレッチだけだと関節・筋肉が急激に伸ばされて負担がかかることが。毎日ヨガをしている筆者でも、レッスン前にしっかりストレッチをしておかないと、関節の屈曲、筋肉の収縮に不安を感じます。

レッスンが始まる5分前にはスタジオに入り、自主的に軽めのストレッチをしておきたいところ。特に硬さを感じやすい股関節は、『美レンジャー』の過去記事「下半身おデブの元凶!ヨガ講師が指南“股関節が柔らかくなる”ポーズ4つ」を参考にほぐしてみてください。

 

■3:ポニーテール・お団子の位置が真ん中過ぎた

続いては、ヘアスタイル。レッスン中は、いろんな方向を向いたり、体をねじったりするため、髪が長い方はまとめておくべき。

そのとき、まとめる位置が後頭部の真ん中あたりだと、仰向けになったときに頭が安定しません。また、髪が引っ張られて痛いことも。

頭頂部もしくは下の方、サイドでまとめると、動きの妨げになりませんよ。

 

■4:下着のラインが出てしまった

筆者が一番後悔したのが、下着問題。ピタッとしたボトムスを履いて足を大きく開いたり、腰を沈めたりするポーズを取るため、下着の種類によってはラインがはっきりと出てしまうんです。

しかし「恥ずかしい」と思うとポーズに集中できません。ヨガのレッスンを受ける日は、縫い目のないシームレスショーツやTバックをチョイスすることをオススメします。

 

いかがでしたか? ヨガ初心者さんは、レッスンをより集中して楽しむために参考にしてみてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】

元の記事を表示