いよいよ本格的な花粉症シーズンが到来。この時期、くしゃみや鼻水、目のかゆみだけでなく、肌がヒリヒリしたりかゆくなったりといった症状で悩んでいる人も多いでしょう。

そこで今回は、花粉症の時期に心がけたいスキンケアのポイントについて3つご紹介したいと思います。

 

■1:花粉症による肌荒れはバリア機能低下が原因

花粉症のシーズンに入ってから、肌がなんだか赤くなったりヒリヒリしたりすることはありませんか? 実はその原因は肌に付着した花粉かもしれません。花粉が肌に付着することでアレルギー反応を起こし、かゆみや赤みが出ることがあります。

肌にトラブルが出ているときは、肌のバリア機能が低下している証拠。バリア機能を高めてあげるには化粧水でしっかり保水し、クリームなどで保湿・保護をすることが重要です。

スキンケア商品も敏感肌向けのものに切り替えた方がいいでしょう。“高保湿成分”、“低刺激”などの表記があるアイテムがオススメです。

 

■2:帰ったらすぐ洗顔!与えるケアと同じぐらい「落とすケア」が重要

帰宅したらまずメイクを落としましょう。花粉が肌に付着している時間が長引かないようにするためです。

しかし、意外と見落としがちなのが間違ったクレンジング&洗顔による肌トラブル。普段よりもバリア機能が低下しているときは、ちょっとした摩擦も肌への刺激になり荒れてしまうことも。

キレイに落としたいからといってゴシゴシ洗うのはNG。また熱めのお湯ですすいでしまうと皮脂を必要以上に流してしまうので、ぬるま湯を使用してください。

洗顔後の肌は乾燥しやすい状態。洗顔後はすぐにスキンケアをスタートしましょう。

 

■3:スキンケア効果をアップさせるハンドテクニック

毎日スキンケアしているのになかなか効果が感じられない……そんな人は、ケア方法が間違っている可能性も。

化粧水をつけるときコットンを使用している人は、手に変えてみましょう。コットンの繊維が皮膚への刺激になっているかもしれません。

化粧水を塗布したら優しく“ハンドプレス”を。化粧水の浸透がグンとアップします。肌と手のひらや指の腹をぴったり密着させるのがポイントです。

 

ちょっとした工夫で肌トラブルが緩和してくるかもしれません。花粉症の時期は、毎日のスキンケアも丁寧に行ってキレイな肌をキープしましょう。

 

【おすすめ記事(PR)】

元の記事を表示