フレッシュな春ガールに!彼ウケ抜群「パステルカラー」アイメイク

ポカポカ陽気の日は気分も上がりますよね。そんな日にぴったりなのが、パステルカラーのメイク。元気でフレッシュな印象で、彼ウケも抜群ですよ。

今回は美容ライターの筆者が、ミントブルーとオレンジを使用した春にぴったりのアイメイクをご紹介します。

 

■使用するメイクアイテム

まずはじめに、今回使用するメイクアイテムをご紹介します。

【アイシャドウ】

(1)パステルグリーンのアイシャドウ

(2)パステルブルーのアイシャドウ

(3)オレンジのアイシャドウ

パステルカラーのグリーンとブルーのアイシャドウを目元に施すことで、くすみを吹き飛ばし、“パッ”と晴れやかな雰囲気になります。

そこに元気いっぱいのオレンジのアイシャドウをプラスすることで、春の日差しに負けないくらい明るくフレッシュな印象のある目元に仕上げてくれます。

【ブラックのマスカラ】

パステルカラーのフレッシュな色が、目立たなくなってしまうため、今回のアイメイクではアイラインは入れません。

その代わりにブラックのマスカラを根元にしっかり塗ることで、アイラインを描いたような効果があります。

 

■Step1:グリーンとブルーのアイシャドウを混ぜてアイホールにのせる

アイシャドウをアイホール全体へのせる前に、グリーンとブルーのアイシャドウを適量、手の甲にのせ、混ぜ合わせます。これで、爽やかな“ミントブルー”が完成します。

グリーンとブルーの量は、濃さを見て調整して、好みの色にブレンドしてくださいね。

混ぜやすく、手の甲への摩擦を抑えることができ肌にも優しいため、アイシャドウブラシで行いましょう。

混ぜ合わせたら、アイホール全体にのせていきましょう。

 

■Step2:下まぶたにオレンジのアイシャドウをのせる

次にオレンジのアイシャドウを、下まぶたにのせましょう。オレンジは、肌馴染みがとてもいい色です。これまで「カラーメイクに挑戦したことがない」という方でも使用しやすい色ですよ。

ただしオレンジは、肌に近い色なので、一往復のせる程度では、色があまり目立ちません。一往復だけでも、キラッとした目元に仕上げてくれるのですが、「もっとオレンジの色を引き立たせたい!」と思う方は、2~3回ほど往復させて色をのせましょう。

 

■Step3:ブラックのマスカラを塗る

最後にブラックのマスカラを塗って、パッチリとした目に仕上げましょう。

「まぶたの色を引き立たせたい!」と思う方は、塗る必要はありません。デカ目に見せたい方は、上まつ毛のみに、根元からしっかり塗っていきましょう。

根元にしっかりと塗ることで、目のキワにしっかりアイライナーを描いたような効果があります。

 

元気でフレッシュな印象に仕上げてくれるミントブルーとオレンジを使用したメイクテクニックをご紹介しました。ぜひ、カラーメイクの参考にしてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】