ブルゾンちえみ風!? 一重さんも二重さんも「ダブルライン」でデカ目術

今、大ブレイク中の芸人、ブルゾンちえみ。“イイ女キャラ”のネタはもちろん、特徴のあるメイクも気になりますよね。彼女のメイクは、二重に見えるようにアイシャドウを濃く入れる“ダブルライン”というテクニックを施しています。

筆者のように元々が二重でも、二重ラインの上にもう一本ラインを引くことで、二重ラインが強調され、くっきり二重をつくる事ができるんですよ。

そこで今回は、美容ライターとして活動する筆者が、ブルゾンちえみメイクをヒントに、“ダブルラインを使ったデカ目アイメイク”をご紹介します。

 

■二重&奥二重さんのダブルライン

まずは、ダブルラインを控えめにアレンジした、二重&奥二重用のアイメイクです。

元から二重や奥二重の方は、自分のラインを活かしてラインを引いていきます。

(1)二重の線を延長する

普段通りベースメイクをし終わったら、目を開けて二重の上にアイライナーを置き、黒目の一番外側あたりからアイラインを引きます。ラインが曲がらないように、線を2mm描き足しましょう。二重の線が目尻までしっかり入ると、目がくっきり見えます。

仕上げに、必ず綿棒を使ってラインをぼかしてください。線が目立ちすぎないブラウンのリキッドアイラインがおすすめです。

(2)アイシャドウは上から塗る

アイラインで二重の線を描き足したら、アイシャドウをのせていきます。綿棒でぼかしたアイラインをさらに馴染ませていきましょう。

(3)普段のアイライン

最後に、まつ毛を埋めるように、まぶたのキワに普段通りのアイラインを入れたら完成です。

普段よりも目元がくっきりしているため、控えめなぐらいがちょうどいいです。

 

■一重さんのダブルライン

今度は、一重の方のダブルラインです。

(1)ベースのシャドウを塗っていく

ファンデーションを塗ったら、淡いブラウンシャドウをアイホール全体にのせていきます。それから、鏡を見ながら二重に見せたい線を決めましょう。

(2)アイシャドウorペンシルで

締め色に使うブラウンのアイシャドウかペンシルタイプのアイライナーで二重にしたい線を描いていきます。コツは、目開けたをまま、まぶたのカーブと同じ幅の丸みをつけることです。

スタートは黒目の上から。目尻に向かって少しずつ描きましょう。続いて黒目の上から目頭へ。右均等になるように少しずつ描き足すとうまくいきますよ(下画像の黒い点線を参照)。

綿棒か指を使ってラインをぼかしてください。

(3)仕上げはハイライトで

描いた二重線の上からもう一度アイシャドウを塗り、ぼかしていきます。

最後に、明るいハイライトカラーを、まぶたのキワ~描いた二重線の間にのせれば完成です(上画像の黄色い点線を参照)。ハイライトの部分が膨張し、描き足した部分が影になることで二重に見え、元々の目よりも大きく見えます。

 

いかがでしたか? アイラインやアイシャドウを使って二重を濃くすると、彫りの深い外国人のように、目がくっきりハッキリします。

ブラウンのアイシャドウや、リキッドかペンシルのアイライナーどちらを使うかなど、自分が描きやすいコスメを探してみてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】

元の記事を表示