すでに症状に悩まされている人も少なくない今年の花粉。マスクをつけてもファンデーションがついてしまうこともしばしば。そして鼻だけでなく目もツラい花粉症。アイメイクも普段に比べて猛スピードでヨレてしまいがち。
そんな時にでもキレイにお化粧をする為には「お湯で洗い流せるマスカラを使う」「化粧下地でベース作り」「クリームタイプのアイカラーを使う」がポイントのようですよ。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■花粉症シーズンのメイクは疑問がいっぱい

花粉シーズンは目元のマスカラやアイライン、鼻のまわりのファンデーションがすぐに取れてしまって悲惨な顔に自分で驚いてしまうことも。しかし美容女子たるものノーメイクで外出するわけにもいきません。
花粉症シーズンに適したメイクって一体どんな風に仕上げればよいのでしょうか? 花粉が本格化するまえにポイントを抑えておきましょう。

■マスク姿でも可愛い!花粉症メイクのポイント3つ

(1)マスカラは「お湯で洗い流せるタイプ」の使用がオススメ

痒みに我慢できずに目を掻いたりして気付けばパンダ目になっていた……という経験はありませんか? 目にも花粉は付着するので、すぐに落とせるようなお湯で洗い流せるタイプのものを使い、お昼休みなどに小まめにメイク直しをするのがオススメですよ。
また、繊維入りのマスカラはポロポロと落ちやすく目に入ってしまうこともあるので、この時期の使用は控えましょう。

(2)花粉の刺激から肌を守るためにも下地はマスト

マスクをしてもファンデーションが取れるからつけない、マスクの下はすっぴんで過ごすというのは実は好ましくありません。たとえマスクをしていても、肌には花粉やほこりが付着してしまいますので、肌を守るという意味でもファンデーション下地は有効。鼻をかむとヨレが目立ちやすいので、薄めにつけるのがベター。

(3)アイカラーはクリームタイプをチョイス

パウダータイプの粒子が細かいアイシャドウよりも、クリームやリキッドタイプのアイシャドウの方が粉飛びも少なく、肌への馴染みがいいので落ちにくいため、アイカラーはクリームタイプを。艶のある目元が演出でき、明るい印象を与えることができるのも◎。

花粉が本格化する前に、花粉にも負けないメイク術を覚えておきたいところですね。

(前田 紀至子)

全部1000円台!お湯でオフできる超優秀ロングマスカラ3選

洗顔にも◎!しわ・シミや白髪まで!?万能すぎる「馬油」の使い方5つ

【参考】

花粉に負けないメイク術 – リフレア – Refrear(リフレア)

マスクのときのメーキャプ – 資生堂

元の記事を表示