ヤダ…見ないで!女性500人の「肌の悩み」2位シミよりため息なのは

メイクをするときやお風呂上りなど、鏡で自分の肌を見てガッカリしてしまった経験はありませんか? 普段はメイクで隠せても、スッピンになったときに肌トラブルがあると気分が沈んでしまいますよね。

今回『美レンジャー』では、20~40代の女性500名を対象に、「あなたが肌で悩んでいることは?(複数回答可)」というアンケートを実施。その結果をご紹介します。また、スキンケアアドバイザーの資格を持つ筆者が、トラブル肌の改善策についてもお伝えします。

 

■テンション下がる!女性の肌悩みランキング

第10位・・・血色の悪さ(6.4%)

第9位・・・テカリ(8.0%)

第8位・・・くすみ(14.8%)

第7位・・・シワ・たるみ(15.0%)

第6位・・・ほうれい線(16.0%)

第5位・・・目の下のクマ(16.2%)

第4位・・・ニキビ・吹き出物(17.6%)

第3位・・・乾燥(18.6%)

第2位・・・シミ・そばかす(25.4%)

第1位・・・毛穴の目立ち(31.2%)

第1位になったのは“毛穴の目立ち”でした。頬や小鼻などの毛穴トラブルは、メイクでカバーしてもしきれなかったり、隠そうとしてファンデーションを塗ることで逆に目立ってしまうことも。約3割という多くの女性が悩んでいるという結果になりました。

特にこれからの時期気をつけたい“シミ・そばかす”や、冬や季節の変わり目に気になりやすい“乾燥”に悩む人も多く、2位・3位と続きました。

それ以降も、思わず「わかる~!」と言ってしまいそうなものばかりではないでしょうか。また複数回答ということもあり、肌の悩みが2つ以上ある女性が圧倒的でした。

 

■トラブル改善!肌悩み別おすすめスキンケア

肌にトラブルがあるときは、食事や睡眠に気を遣うことはもちろん、スキンケアも大切です。上記ランキング1~3位にランクインした肌悩みの改善に役立つスキンケアについてお伝えします。

(1)毛穴の目立ち

おでこや鼻に多いトラブル“詰まり毛穴”には、皮脂量を抑え古い角質を除去することが重要です。さっぱりタイプの洗顔料や酵素洗顔、AHA配合のコスメを使用し、古い角質を取り除きましょう。皮脂の分泌を抑える作用のある、ビタミンC誘導体配合の化粧品も効果的です。

頬に多くみられる、毛穴が細長く変形する“たるみ毛穴”は、肌の弾力が失われることが原因。真皮のコラーゲンを増やす作用のあるピーリングを行ったり、皮膚表面を滑らかにする効果があるビタミンA(レチノール)が配合されている化粧品を使うのが効果的です。

また、乾燥も毛穴が目立ってしまう原因になるので、スキンケアではしっかりと保湿することを心がけてくださいね。

(2)シミ・そばかす

シミ・そばかすは、セルフケアで完全に解決することはできません。しかし悪化を防ぐには、美白に特化した化粧品を使ったり、メラニンの排泄を促すピーリングやマッサージが有効です。

美白化粧品を使う場合、一般的にシミと呼ばれる“老人性色素斑”の初期であれば改善効果があるかもしれませんが、定着したものや、遺伝的要素が強いとされるそばかすにはあまり効果がありません。

美白化粧品のほとんどは、メラニンを消すのではなく、メラニンを生成する酵素を阻害するような成分が多いので、シミやそばかすを濃くしないためにも基本的には一年中使用することが大事です。

また、肌への過剰な刺激はメラニンが増加することがあるので注意が必要。クレンジングや洗顔などの基本スキンケアは優しく行うようにしましょう。

(3)乾燥

乾燥した肌は、皮脂の分泌が少なく角質層の水分量が低下しています。少なくなっている皮膚表面の皮脂をとりすぎない洗顔を選び、できるだけ摩擦を与えないよう優しく洗いましょう。

保湿性の高い化粧水、油分のあるクリームを使用して、水分の蒸発を防ぎます。乾燥が激しいときには、皮膚のターンオーバーや血行を促進し、表皮の乾燥に効果的なビタミンAやビタミンEが配合されている化粧品を選びましょう。

また、スキンケアと併せて『美レンジャー』の過去記事「3位胸などの体つきより…そこっ!? 男が“目がいく女性のパーツ”1位は」でご紹介している“美肌マッサージ”を行うのもおすすめ。血行が促進することで化粧品の浸透力がアップし、肌に栄養が行きわたります。

 

多くの女性が抱えている肌悩み。少しでも憧れの美肌に近づけるよう、日ごろのスキンケアを大切にしていきたいですね。

 

【おすすめ記事(PR)】