二日酔いはもうイヤ!飲み会で積極的に食べたいもの3選

前日にたらふく飲んで二日酔い。それなのに、また今日も飲み会……なんてことも働いていたら頻繁にありますよね。「二日酔いの時は乾杯のお酒だけでやめておこう」と思っていても、気が付けばいつもと同じように飲んでしまったり……。

二日酔いは、体の中でアルコールを分解しきれずに残っている状態です。そんな時はアルコールの分解をサポートしてくれるミネラルの「亜鉛」を積極的にとりたいところ。

そこで今回は、二日酔いの飲み会で進んで食べたい「亜鉛」を含んだ食べものをご紹介します。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

(1)パルメザンチーズ

「パルメザンチーズ」は亜鉛が豊富な食品です。イタリアンを食べに行ったときなどは、サラダやパスタにパルメザンチーズをかけて食べるようにしましょう。

他のチーズと比べても、亜鉛の含有量はダントツでトップ。またカルシウムも多く、ストレスを緩和するサポートをしたり、イライラを抑えたりすることに役立ちます。

(2)ごま合え

和食レストランや居酒屋に行ったときに「緑の野菜を食べなきゃ」と思って、とりあえず「おひたし」をオーダーする方を多く見るのですが、二日酔い対策で食べるのなら、おひたしではなく「ごま和え」を選ぶのがGOOD。亜鉛が豊富に含まれる「ごま」を美味しくいただけて、緑の野菜もとれて一石二鳥!?

(3)焼き牡蠣

魚介が美味しいお店なら、ぜひ亜鉛がたっぷりとれる「牡蠣」をチョイスしてください。生牡蠣よりも、焼いた牡蠣の方が食あたりする可能性が下がるので気軽に食べることができると思います。しっかりと火が通ったものを食べましょう。

いろいろなタイプのレストランや居酒屋に置いてある季節のメニューですので、お酒のアテに一品加えてみてはいかが。

これらを食べれば、どんなに飲んでも二日酔いしない、というわけではありませんが、亜鉛によりアルコールの分解を助ける作用があります。この他にもアーモンドや豚肉、牛肉にも含まれています。お酒と一緒に食べるものを上手にチョイスしてくださいね。

(株式会社アリオール 代表取締役・岡野 ユミ)

生理前の止まらない食欲に…!食べてもOKなもの3つ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】

アンチエイジングのために!始めたい食べ物・やめたい食べ物

アンチエイジングなおやつ、身近なアーモンドチョコの秘密

手足が冷えて眠れない夜に!快眠のためおすすめの飲み物3つ

美容に◎!くるみを使ったビューティレシピ2つと選び方

アンチエイジングに◎!ミトコンドリアを活性化&増やす食べ物・飲み物

【参考】
亜鉛 – 簡単!栄養andカロリー計算

カルシウム Ca – わかさの秘密