今日は「オトナorキュート?」シャドウ1つで2イメージを使い分け

もうすぐ待ちに待った“春”がやってきますね。メイクも、カラーものが多くなってくる時期なので「どんな自分を演出しようかな?」とワクワクしている方も多いでしょう。

今回は美容ライターの筆者が、アイシャドウパレット一つで“落ち着いた女性”と“大人可愛い女性”の2パターンに仕上がりを変化させるテクニックをご紹介!

基本は“落ち着いた女”。ここに“ひと手間”を加えるだけで、ガラッと可愛い印象にイメチェンできます。早速その方法を伝授します!

 

■Step1:ピンクアイシャドウで目元のくすみをオフ

まずはピンクシャドウをアイホール全体に入れていきましょう。ピンクシャドウを使用すると「目元が腫れぼったくなってしまう……」と思っている方も多いですよね。しかし、“肌色に近いピンク色”を使用することで、肌に自然と馴染むため“腫れぼったく”見えることはありません。

むしろ目元をパッと明るくしてくれるので、ぜひ肌色に近いピンク色を使用してみましょう。

 

■Step2:下まぶたにブラウンシャドウを入れる

次に下まぶたにブラウンシャドウを入れていきましょう。中でも、“赤みがかった”ブラウンシャドウがオススメです。下まぶたに自然な血色とツヤ感が生まれ、上品な印象に仕上がりますよ。

筆者は目元に華やかさが欲しかったので、ふんわりと色づくようブラシを使用し、下まぶたの目頭から目尻まで3往復入れました。ナチュラルに仕上げたい方は、1~2往復で大丈夫です。鏡を見て、色味を調節しながら重ねてくださいね。

 

■Step3:目尻1/3にもブラウンシャドウを入れる

さらに、下まぶたの目尻1/3にもブラウンシャドウを入れていきます。Step2で使用したものと同じでかまいません。

ここにさらに色を入れることで、目尻に“影”をつくることができるのです。これで目がキリッとして、凛とした女性に見せることができます。

 

■Step4:上まぶたにブルーシャドウを入れる

次に目の丸みに沿って、ブルーシャドウを入れます。ブルーシャドウを入れることで、クールで大人っぽい目元に仕上がります。

よく「ブルーシャドウが似合わない!」と、苦手意識を持っている方もいると思います。しかし、Step3で、下まぶたにブラウンシャドウを入れたことで、ブルーだけが目立ってしまうのを避けられるので、自然に馴染みますよ。

これで基本の“落ち着いた女”アイメイクは完了です。

 

■ちょい足しで大人可愛い女性に!タレ目風メイク

上記のステップに、ほんのひと手間を加えるだけで“可愛らしさ”も演出させることができます。

ブルーシャドウを“目尻のみ”に入れましょう。タレ目効果があり、キュートな顔に変身。

また、上まぶたには目の丸みに沿ってブラウンシャドウを入れると、ナチュラルにデカ目に見せてくれますよ。

今回は、3月21日に発売されたマキアージュの『ドラマティックムードアイズ(限定色:BL727)』(3,000円<税抜き>)を使ってみました。

 

気分やファッションに合わせてメイクも変えて、いろんな自分を演出してくださいね。(※ 価格は全て編集部調べ)

 

【おすすめ記事(PR)】

元の記事を表示