便秘・お肌・PMSに効く!女性に嬉しい脂肪酸3つ

最近よく「●●脂肪酸」という言葉を耳にしませんか? 身体にいい脂肪酸もあると聞くけれど、実際は何がどのように身体に効くのかはよく知らない……、なんて人も多いのではないでしょうか。
そこで、今回は特に注目したい女性に嬉しい効果をもたらす脂肪酸を3種類ご紹介します。いい脂肪酸は美肌やPMSの緩和に一役買ってくれるようですよ。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■うるおい力UPの「オレイン酸」

多く含まれる食品:オリーブオイル・アーモンド・ピーナッツ

オレイン酸は、生活になじみのあるオリーブオイルに多く含まれる優秀な脂肪酸。悪玉コレステロール値を抑えてくれることで知られていますが、実はお肌にとっても優秀。

オレイン酸には保湿力があり、肌につけたとき他の美容成分を一緒に使えば、その浸透を促す力もあるといわれているのです。オリーブオイルが美容オイルに使われるのもわかりますね。
また、オレイン酸は腸のぜんどう運動をサポートしてくれるので、便秘解消も期待できますよ。

■肌の再生を促進!「パルミトレイン酸」

多く含まれる食品:マカデミアナッツなどのナッツ系オイル

マカデミアナッツなどのナッツ類に含まれるパルミトレイン酸は、血管を強くし、脳卒中や高血圧、血糖値を下げるインスリンの分泌を促す力もあるため、糖尿病予防にもいいといわれています。まさに現代ニーズに即した脂肪酸。
そんなパルミトレイン酸には、女性に嬉しい肌への効果が! 実はお肌の皮脂にも約10%含まれているのですが、加齢で減るため、補ってあげれば肌の再生を促進してくれるので、しみやシワが改善できるかも!?

■PMSに効く!「γ-リノレン酸」

多く含まれる食品:カシス種子油、月見草油、ボラージ油

γ(ガンマ)-リノレン酸も女子にとって強い味方なんです。別名ビタミンFとも呼ばれているこの脂肪酸は、日常的にはあまり摂取できる食品ではない、カシス種子や月見草種子、ボラージ草というハーブの種子に多いといわれています。
この γ-リノレン酸はPMSを軽減する効果があるようです。摂取して作られるプロスタグランジンE1という成分が増えることにより、PMS以外にも更年期障害の軽減など、女性特有の悩みを改善できるので、覚えておきたい脂肪酸です。

オンナであるからには、常に美しく健康にいたいもの。良質な脂肪酸を生活に取り入れてみてはいかがでしょうか? ただし、食べ過ぎには注意してくださいね。

(LBR編集部)

ひまわりにアボカドまで!?食べるコスメオイル3選

γ(ガンマ)リノレン酸 – わかさの秘密
γ-リノレン酸 植物油のヘルシー成分 – 日清オイリオ

元の記事を表示