出たっ「アクセで全身台無し女子」!小物使いがこなれるテク3つ

ノームコアがデイリーファッションの主流である今、シンプルな洋服はアクセでほかの人と差をつけたいですよね。

しかし、アクセも選び方次第でやぼったくなってしまうので油断大敵! そこで今回は、せっかくのコーデが台無しにならないように、基本の小物使いテクを3つご紹介します。

 

■1:ロングパールネックレスはカジュアルな格好に合わせて!

パールのロングネックレスは、カジュアルな格好を格上げしてくれるマストハブ。最近はリーズナブルな淡水パールがたくさん出ているので、この機会に本物のパールネックレスを買っておくのもよいかも。

狙いは小粒の一連パールネックレス。長さは胸の下からウエストまでの間に垂れる長さがよいでしょう。

ドレッシーな装いにも合いますが、あえてリラックスなムードに合わせるとこなれて見えます。筆者が好きなコーデは、ボーダーのカットソーやレザージャケットなどメンズっぽいアイテムに合わせる着こなし。甘辛ミックスを意識して、カジュアルな洋服に女っぽさを加えましょう。

 

■2:絶対に外さないのはアウターと同系色のストール!

ストールは全体に落ち着いた雰囲気を出すためにモノトーンカラーを選んだり、全体を明るくするために挿し色を投入したり、色々な表情が出せる便利アイテム。

オールブラックスタイルなどには挿し色ストールがオススメですが、トップスやアウターと同色系を選んでグラデーショントーンに収めると大人こなれが完成します。あえて似た色味をもってくるとナチュラルでさりげないコーデが決まりますよ。

アウターが黒なら、アウターの下に着るトップスとグラデーションを作ると重くなりすぎません。

 

■3:ブレスレットは必ず袖をロールアップ!

ベーシックな洋服に好みのムードをプラスするにはブレスレットが大活躍。シルバーやゴールドの華奢なタイプをジャラジャラ重ねたり、大ぶりバングルやスカーフで腕を飾るのが今っぽいのですが、かならず袖をロールアップして抜け感を出して。

選ぶブレスレットによって好みのムードが演出できますが、華奢なゴールドのブレスレットの重ねづけは大人女子のテッパンアクセ。パールネックレスとともに持っておけば、どんなシーンにも使えます。

過去記事「げっ…インの仕方違う?定番は外すとイタい“白シャツ”のNG3つ」では、シャツの素材別にロールアップの仕方をご紹介しているので、ぜひ参考にして下さいね。

 

アクセサリーにも流行り廃りがありますが、パールネックレスとトップスの甘辛ミックスコーデ、アウターとストールのグラデーションコーデ、ブレスレットとロールアップのコーデの3つを抑えておけば、垢抜けた仕上がりになりますよ。

 

【おすすめ記事(PR)】

※ なんか毎日同じ顔…あか抜けない顔をパッと旬顔に変える眉テク