一説によると第一印象は、3~6秒程度で決まると言われています。印象を左右する大きなポイントは、“見た目と表情”。第一印象で相手に悪い印象を持たれてしまうと、その印象を覆すには二時間以上じっくり話す必要があると言われています。見た目の印象や表情は、それほどまでに大切なのです!

そこで今回は、メイク講師の経験を持ち、企業でのビジネスマナー研修担当も行っていた筆者が、第一印象がガタ落ちする女性の特徴を3つご紹介します。

 

■1:眉の角度がキツ過ぎる

グッと上昇させる直線ベースの眉を描いている女性は少なくありません。直線ベースの眉は意思の強さを表すので、ビジネスの場では「仕事ができそう」とプラスになることもありますが、上昇させ過ぎるとキツい、怖いという印象に見られてしまうことも。眉は人の人相を左右する大切なパーツなので、特に気を付けたいところです。

眉の角度は目の角度を参考にするとよいです。目頭と目尻を結んだラインと平行になるように眉を描くと自然に仕上がるのでおすすめです。

 

■2:口角が下がっている

怒っている人の絵は、口が決まって“への字”になっていますよね。口角が下がっている人は不機嫌そうに見え、第一印象が悪くなるだけでなく、周囲を嫌な気分にさせてしまいます。また、口角が下がっていると、口周辺の表情筋が使われず、ほうれい線や頬のたるみも引き起こしやすくなってしまいます。

口角はキュッと上に上げるだけで明るい表情に見え、話しかけやすい雰囲気になります。口や頬周辺の筋肉が刺激されることからシワやたるみの予防にもつながりますよ! また、口角から1センチ程度、唇のアウトラインを際立たせるように入れると、それだけで口角がキュッと上に上がり、口元に締まりが出ます。

 

■3:血色が悪い・色が無いメイク

あまりメイクをしない人や、チーク・リップを使わない人は顔全体の血色が悪く、暗い印象に見られてしまうこともあります。初対面でパッと見たときに、頬や唇に血色が感じられると、それだけで顔色が明るく見えます。コーラルピンクのチークやリップは日本人になじみやすく、自然に仕上がるのでおすすめです。

また、ベージュのリップやブラウンのチークを使用した色味の少ないメイクは、カッコいい雰囲気に仕上がりますが、少しキツい印象に見られてしまうこともあるので、第一印象では色味をプラスするとよいです。

 

以上、第一印象がガタ落ちする女性の特徴をご紹介しました。是非参考にしてみてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】

 

【姉妹サイト】

※ 永久保存版!これだけは押さえたい「英文ビジネスメール」のマナー5つ

※ -10kgだって実現可能!「ダイエットが絶対に挫折しない」3ステップ

元の記事を表示