唇の荒れは「胃腸疲労」のサイン!艶リップを取り戻す3つの改善点

リップクリームやグロスがないと、いつも唇が乾いてカサカサになる……。そんな唇の荒れは、“胃腸が疲労しているサイン”だと知っていますか?

だからリップクリームをたっぷり塗ったところで根本的な改善にはならず、また唇が荒れることの繰り返しになるだけ。寒い夜風にさらされてもへっちゃらな、うるうるリップにするためには、最初に改めるべき生活習慣があるんです。

 

1:食べ過ぎ・飲み過ぎをやめる

東洋医学では、唇は胃腸と深いつながりがあると考えており、口内炎や口角炎など口が荒れたら、胃や腸が疲労している状態だと受け止めるべきです。

お酒の飲み過ぎやごはんの食べ過ぎをしていないか、最近の食事を振り返ってみましょう。胃腸が酷使されている可能性があるので、消化のよいメニューにしばらく切り替え、内臓を休めてあげるようにしましょう。

 

2:ビタミンBを摂る

ビタミンB群は皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあるため、唇が荒れていると感じたらビタミンB群が不足しているかもしれません。

ビタミンB群が多い食品には、納豆などの豆類やわかめ、ひじきなどの海藻類、胚芽などの穀類がありますので、これらを意識的に摂るようにしてみましょう。

ビタミンB群は美肌のために必要なビタミンなので、同時にお肌も美しくなれます。

 

3:ストレスを発散する

緊張すると胃がきゅ~っと縮まるように感じたり、尿意を感じたり下痢になったりと、胃も腸もとてもストレスに弱い臓器です。そのためストレスをたくさん抱えているとそれが原因で胃腸の機能が低下し、さらにそれが唇に現れてしまう可能性もあるんです。

自分にあったストレス発散法で、心の疲れを吹き飛ばしてみましょう。

 

ニキビができたときに、皮膚の上から治療薬を塗るだけではまた新たなニキビができてしまうことがあるように、リップだって同じこと。唇がカサカサになる原因を知り、そこを見直すことが艶リップへの第一歩ですよ。

 

【おすすめ記事(PR)】