夏のドロドロ汚顔を撲滅!「メイク崩れを防ぐ神テク」まとめ

この時期、ふと鏡を見て「ヤバイ、汗や皮脂で化粧が崩れてる~!」という経験がよくありますよね。

しかし、「忙しくてこまめにメイク直しをする時間なんてないよ~!」なんてお嘆きの女性も多いでしょう。でもあきらめるのはちょっと待った。それなら“メイクを崩さなければいい”のです!

そこで今回は『美レンジャー』の過去記事から、夏のドロドロメイク崩れを予防するテクニックをまとめてご紹介します。

夏のメイク崩れ撲滅!メイク前の「スキンケア」テク

過去記事「真夏でも持ちがUP!“劇的に崩れない”ベースメイクちょい足し技」では、スキンケアテクをご紹介しています。

(1)肌が冷たくなるまでしっかり保湿

肌が乾燥すると皮脂が出てメイク崩れしやすいので、肌をしっかり保湿することが大切です。たっぷりの化粧水をコットンにつけ、肌が冷たくなるまでやさしくパッティングするとよいでしょう。

(2)乳液はティッシュオフ

夏でも乳液は必須。オフィスはエアコンで乾燥しがちなので、うるおいを守るためにも乳液で肌にフタをしましょう。しかし、肌表面がベタついているとファンデーションを塗っても、すぐにメイク崩れしてしまいます。乳液を薄く伸ばした後は、余分な油分をティッシュオフして。

汗・皮脂にもヨレない「ベースメイク」テク

過去記事「ピタッと密着!湿気MAXでも“1日崩れないベースメイク”朝の秘策」では、湿度の高い今の時期でも汗や皮脂によるメイク崩れを防ぐベースメイクの方法をご紹介しています。スキンケア後はティッシュオフしてから行いましょう。

(1)ルースパウダーをファンデの前に

ベースメイクが崩れやすい方は、下地の後にルースパウダーを少量のせて。

Tゾーン、目尻、小鼻、ほうれい線などの崩れやすい部分に、ルースパウダーを薄くのせていきましょう。ルースパウダーには、余分な皮脂や油分を吸着する働きがあるので、化粧崩れを防止できるのです。

このあとパウダーファンデーションを塗って仕上げてください。

(2)部分的に薄くする

化粧崩れを防ぐには、厚塗りしないことも重要。油分たっぷりのコンシーラーやファンデーションを厚塗りしてしまうと、余計に崩れやすくなってしまいます。特に目元やほうれい線など、よく動く部分は要注意です。

頬の中央、Tゾーン、あご先は普段通りのつけ方を(上画像のオレンジ部分)。目尻、小鼻、ほうれい線、口角はごく薄く仕上げましょう(上画像の青い部分)。

(3)スポンジを使う

ファンデーションは、塗り広げずにタッピングをおすすめします。特に、湿気の多い季節は指ではなく、スポンジを使うほうがよいでしょう。

ファンデーションをスポンジにつけたら、細かく叩きながら馴染ませます。スポンジが余分な皮脂や油分を吸着し、化粧崩れやヨレの防止になります。また、叩きながら馴染ませることで肌への密着度もよくなりますよ。

粉でコーディング!「眉・アイシャドウ」崩れを防ぐテク

過去記事「舞台女優のテクで“夏のドロヨレ顔”回避!崩れないメイクのコツ4つ」では、ベースメイク後の眉とアイメイクの化粧崩れを防ぐ方法をご紹介しています。

(1)眉毛にもパウダーをON!

夏の眉毛には、汗や皮脂に強いリキッドタイプのアイブロウの使用をおすすめします。濃くなりすぎないよう、ペン先を立てながら少しずつ描き足すように引いていきましょう。

眉を描き終わったらアイブロウパウダーをとり、リキッドで描いた眉の上からのせていきます(無色のフェイスパウダーでも可)。ウォータープルーフ仕様のアイブロウで眉をしっかり描いたうえに、表面をパウダーでコーティングすることで汗や皮脂に強くなります。

それでも心配という方は、さらに上からアイブロウコートでコーティングを。100円ショップでも売っていたり、安価でも効果抜群のものがたくさん発売されています。ぜひお試しを!

(2)アイメイクをする前にひと手間かけて!

アイメイクの色落ち、パンダ目防止のためには折り曲げたパフの角を使い、アイメイクをする前に目の周りの細かい部分までフェイスパウダーをつけましょう(上画像参照)。眉メイクと同様に、表面がパウダーでコーティングされるため、汗や皮脂に強くなります。

そして、アイシャドウはチップではなく指を使うのがポイント。指で押し当てながら馴染ませることで粉浮きせずに密着させることができます。

リキッドアイライナーやジェルライナーを使用する場合は、最後に同じ色のアイシャドウで軽くなぞるか、無色のフェイスパウダーをまぶたに少しのせます。パウダーが油分を吸着し、肌表面がサラサラになるので長持ちしますよ。

スキンケア・ベースメイク・アイメイクと、それぞれの工程に一手間を加えるだけで、夏でもお化粧を美しくキープすることも可能です。ぜひ、試してみてくださいね。