大きな太ももをどうにかしたい。特に内ももが広がっていて、脚同士がくっつき、余計太く見える悩みを持っている人も、多いと思います。しかし、やみくもにエクササイズやストレッチを行っても、内ももの贅肉は、なかなか落ちないものです。そこで今回は、落ちにくい内ももにフォーカスをあてて、贅肉をスッキリ落とすエクササイズをご紹介します。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■内ももに贅肉がつく理由

太ももの内側にある「内転筋(ないてんきん)」という筋肉が、内ももにつく贅肉に、深く関係しています。
普段の生活で使うシーンがあまりないため、特に運動をしない生活が続けば当然筋力が低下します。また、立ったときに、骨盤を安定させる役割があるため、衰えてしまうと、骨盤の歪みなどから、O脚などにもなりえる重要な筋肉といえます。
椅子に座っていると、いつの間にか膝が開いてしまう……。という人は要注意! 「内転筋」が衰えている証拠なので、内ももの贅肉が、気になっているのではないでしょうか?
「内転筋」を集中して鍛え、内ももスッキリ! 憧れのスキマができる太ももをつくるエクササイズを紹介します!

■内ももスッキリエクササイズ

STEP1

20160104wada

横向きになって床に寝ます。下になっている肘を床につき、上の手は上半身の前で軽く床に添えます。上の脚の膝は立て、下の脚はピンと伸ばし、床から数ミリ浮かせます。

STEP2

20160104wada

ピンと伸ばした下の脚をゆっくりと、さらに上げていきます。この時、内ももで重たい空気を押し上げるイメージで、動かすのがポイント。
自分ができる最大限まで脚を上げ、床に付かないギリギリのところまで下ろしてストップ。この上下の動きを10回程度、繰り返します。

STEP3

20160104wada

次に、脚を最大限まで上げた状態で、内ももで円を描いていきます。膝を曲げずに、内ももで重たい空気を押し上げた状態で、行うのがコツです。

STEP4

20160104wada

内回しと外回しを、各10回程度繰り返します。以上の流れを反対側も同様に行います。

このエクササイズは、テレビを観ながらでも実践OKです。内ももの贅肉がスッキリ削ぎ落とされ、太ももに理想のスキマができるはず!? 今日から早速はじめてみましょう!

(和田 清香)

1週間で太ももとウエストの肉を落とす!入浴中の3分エクササイズ法

おやすみ前の1分に!腰痛も解消「寝たまま美脚ストレッチ」

元の記事を表示