ヒザは“足の顔”と呼ばれるパーツ。冬の間は黒タイツによって隠れていますが、春になったらそうはいきません。日頃お手入れをしていないという方は、いざタイツを脱いだとき、「ヒザ、真っ黒!」と驚くことになるかも。

ここでは、黒ずんだヒザを、ツルピカにするお手入れ方法をお伝えしていきたいと思います。

 

■1:古い角質をオフ

曲げたり伸ばしたりよく動かすパーツ・ヒザは乾燥しやすく、古い角質が溜まって黒ずみがち。まずは、顔用のスクラブを使って優しくオフしてあげましょう。

このとき、決してゴシゴシこすらないこと。終わったらシャワーでしっかりと洗い流してください。スクラブは週に1回で十分です。

 

■2:化粧水とクリーム+オイルで保湿

スクラブの後は、美白効果のある化粧水でお手入れをしてください。さらに、ボディクリームにオイルを混ぜたものを使って潤いを浸透させましょう。肌がしっとり柔らかくなります。

スクラブをしない日も、このお手入れは習慣にしましょう。ちなみに筆者は、ニベアクリームに手持ちのオイルを混ぜて使っています。

 

■3:ヒザに刺激を与えない

これは、日常生活での注意点なのですが、“ヒザに刺激を与えない”ことも大切です。ヒザ立ちになったり、スキニーパンツで締め付けたりすると、摩擦による刺激が黒ずみを作ります。

 

ヒザが黒ずんでいてはせっかくの美脚も台無し……。また、見た目年齢が実年齢よりも高く見られてしまうかも。

そうならないためにも、見落としがちなパーツ・ヒザのお手入れを習慣化したいものです。

 

【おすすめ記事(PR)】

 

元の記事を表示