彼もゲンナリ…結婚できない女性の口ぐせ3つ

口ぐせには、その人のホンネや深層心理が表れやすいといわれています。中には男性に「それだから結婚できないんだよ…」と思われてしまうものも。

そこで今回は、結婚できない女性がよく使う口ぐせをご紹介します。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■「男といる方がラク」

女性同士のスムーズな会話において必要なのは「共感」。友だちの愚痴や頑張った報告には、多少疑問に思ってもまず「わかる」「大変だよね、それ」と共感する人が多いと思います。反論したいときも、ひとまず共感しつつ返答するでしょう。

しかし「女友だちが苦手」「男の方がラク」と開き直るタイプの女性の多くは、この基本を理解していない人がほとんどです。そしてそれは、結婚に必要な「折り合い」や「配慮」というものの欠如につながってくるのです。

■「でもさ」「ちがうよ」

普段からのくせで、否定から発現してしまう人は意外にも少なくありません。最初は全く問題なく受け流せるのですが、聞いているうちに相手も「はなっからダメ出しされた」という印象を抱いてしまいます。日常的に否定から入る人は、注意が必要です。

これは心理学として「自己表出」の欲求が強く表れる人に多くみられます。相手の会話を聴きながら「自分が話したい!」と思うあまり、相手を否定することで話し出すキッカケを作ろうとするのです。忍耐も必要な結婚において、我慢がニガテで自己主張の激しい女性は男性から敬遠される可能性が高くなってしまいます。

■「いずれは、結婚したい」

仕事に趣味に……日々忙しく動きまわる充実したキャリアウーマンが言いがちなセリフ。しかし、これを口にするたびに男性から恋愛対象外の烙印を押されてしまっているかもしれません。

たしかに、一人の方が趣味や仕事を大事にする生活で楽なことも多いでしょう。しかし「いい人がいればすぐ結婚したい」という強い意志がなければ、結婚のチャンスすら巡ってこない可能性大。「いつか」「いずれ」という発言は控えた方がよさそうです。

口ぐせは意識していないと治りません。強く意識すればその分だけ結婚を引き寄せられると考えて、ぜひ意識してみてくださいね。

(恋愛ライター・花輪 えみ)

アレが似ている!?「結婚につながるカップル」4つの共通点

【インタビュー】30代40代からの髪型どうする?ヘアライターに質問!
ふんわり艶髪に!マイナス5歳若見えするドライヤーのかけ方
失敗しない!美容院でのオーダーの秘訣は「自己開示」
イタくない!大人可愛くなれる「ピンクアイシャドウ」3選

肌悩み別、くすみを払拭して透明感をアップするチーク4選

元の記事を表示