意外すぎる大人ニキビの原因!その落とし穴と改善方法

鏡をみて“大人ニキビ”が出来ているのを発見してしまうと、気分が下がりますよね。治すために原因を考えますが、それを突き止めることはお医者さまでも困難といわれています。ひとつではなく、複数の条件が重なっていることも多いからです。ではどうすればいいのでしょうか?

化粧品成分スペシャリストである筆者が、肌荒れに悩み克服した経験から言えることは『自分の肌を知り、可能性をひとつずつ潰していく』こと。今回は日常に潜む、大人ニキビの意外な原因と改善方法をご紹介いたします!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■リッチな保湿ケア

しっかりケアしているのにニキビが出来てしまう方は、リッチなケアが原因の可能性も。保湿はとても大切ですが「油脂」には少し気をつけたいところ。
化粧品に使われる油脂には数種類あり、優れた保湿効果があります。
ただしオリーブ果実油などの油脂は、皮脂の40%を占める「トリグリセリド」が主成分となっています。トリグリセリド自体が直接肌に悪影響を及ぼすことはないのですが、ニキビの原因となるアクネ菌のエサになることがあります。しっかりと保湿をしているのにニキビができる場合は、油脂の多いスキンケアは一度やめてみて、様子をみましょう。

■枕

枕は寝ている間の汗や皮脂を吸い込んでいます。その雑菌や汚れがニキビの原因となることも。でも忙しい日々の中で、毎日シーツを洗える方はきっと少数派。そこで柔らかい清潔なフェイスタオルをひいて寝ることをオススメします。交換は毎日。枕シーツもできる限りの頻度で洗濯してくださいね。

■髪のホコリや刺激

額や頬など髪がよくあたるところにニキビが出来ていませんか? 髪についたホコリや刺激が原因となっている可能性があります。なるべく家の中ではアップにするなど肌に髪があたらないようにしましょう。

■すすぎ残し

生え際や眉毛などにニキビができやすい方は、洗顔フォームのすすぎ残しの可能性が。背中ニキビができやすい方はシャンプーやトリートメントのすすぎ残しの可能性があります。意識して十分にすすぎましょう。

いかがでしたか? 当てはまりそうな項目があれば実践し、変化があるかよく観察してみてください。自分の肌を知ることがニキビ改善の大きな一歩です。この記事がみなさまのお役に立てますように。

(化粧品成分スペシャリスト・松倉 明日香)

美容賢者はやってない!「むしろ悪影響を与える」シートパックの勘違い使用法4つ

「乳液」使いこなせてる?肌も気持ちも柔らかになる乳液3選
美容研究家おすすめ!冬の肌に潤いをチャージするマスク4つ
すっきり小顔なフェイスラインのための厳選アイテム3つ
冬太りを撃退!美容家おすすめ引き締めボディケアコスメ3選

元の記事を表示