やっぱり彼女としては「彼女からの連絡は多いし超わがままだし……なんだかしんどい」よりも、「彼女と付き合ってからなんか頑張れる!」「付き合ってよかった」って彼に思われたいですよね。
そこで今回は日々の活力になる彼女を紹介。愛される女性って結局こんな女性かも。

日々の活力になる彼女とは

心身ともに健康! これ最低条件

夜更かしばっかりして、お菓子ばっかり食べて生きてるような女性って正直微妙……。持病云々は置いといて、自分で不健康にならないように気を遣っている女性じゃないと、きっと彼のことなんて気遣えないですよね?
彼の活力になるような女性って、まず女性本人の生活がしっかりしていることが大前提。彼に尽くして気に入られようと頑張る前に、自分の心身を健康にしましょうね。

仕事で張り詰めてた緊張をほぐす優しいLINE

仕事中、彼女からの優しいLINEで張り詰めてた緊張がほぐれたりするもの。「お疲れさま」とか「体調崩さないようにね」など一言だけでほっこりしたりもします。また昇進や商談が決まった時の報告に対し「すごいじゃん! 頑張ったから結果がついてきたんだよ!」なんて褒められたら、うれしさも増します。
心に余裕がある女性こそ人にも優しく接することができるもの。彼に優しくするためにも心の余裕は必須。

甘ったれておらずしっかり自立と自律ができてる

甘えるのは良しとして、甘ったれはオトナとしていただけないですね。自分でできることも誰かに頼ったり、やる前から「できない」という怠惰な女性は要注意。そんな女性と一緒にいても「活力になるわ~」って感じる男性はいないでしょう。面倒とか、足手まといと思われることも無きにしも非ず。
自分のことは自分でき、肝がすわってて根性があり、行動力があって自立も自律もできている女性なら男性も一目おくでしょうね。

そっと支えてくれるが、いざという時は背中が押せる

忙しい時やツラい時そっと支えてくれるけど、例えば転職しようか悩んでいる時、新しい事業に手を出そうかあれこれ考えている時など、「あなたならできるんじゃない? やってみなよ」と背中を押してくれる女性は男性からしたら手放せない人かも。
最後の一押しがないと動けない、誰かに押してほしいという時に優しく押せる女性は男性にとったら最高のパートナーでもありますからね。彼の活力になりたいのなら、支えるだけじゃなく背中を押せる彼女で。

うれしいことがあった時、自分のことのように本心で喜んでくれる

会社で良いことがあったり、彼の身内でうれしいことがあった時に彼女も自分のことのように喜んでくれると、彼も素直にうれしいし、彼女に愛されている実感もあるんですよ。
だって、すごくうれしいことがあって彼に報告した時「へー、そうなんだ。よかったね」なんて、思いのほか薄い反応をされたらがっかりしません? 活力になる女性は彼の喜びを自分に置き換えて喜べる女性かも。

元の記事を表示