手荒れは大丈夫?吹き出物の意外なケアポイント3つ

吹き出物は女性の気分を大きく左右する肌トラブルの一つ。朝起きて鏡を見た時に吹き出物ができていると、気分が落ち込んでしまいますよね。 
そこで今回は、吹き出物を繰り返さず、そして長引かせず早く治すためにも気をつけたいポイントを 3つご紹介します。気をつけるべきは「手荒れ」「毛穴詰まり」「肌の乾燥」の3つですよ!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■全然気にしていなかったことが吹き出物の治りを遅らせていたかも!?

吹き出物の原因としてよく言われるのは、糖質や脂質の多い食事や睡眠不足などの生活習慣の乱れです。
しかし、それ以外にも気にもとめていなかったようなことが意外にも吹き出物に大きく関わっていることもあるようですよ。

■ニキビができた時に気をつけたい意外なポイント3つ

(1)手は荒れていないかチェック!

肌が荒れている時は、手も荒れていることが多いようです。ガサガサに荒れている手で肌をこすると、ますます肌に負担がかかってしまいますので、肌のトラブルやニキビが気になる時は手が荒れていないか今一度確認を。
たっぷりの泡で、肌を直接こすることがないよう、洗顔しましょう。手荒れケアもしっかりと!

(2)化粧品で毛穴をふさいでいないかチェック!

吹き出物を早く治したいときに気をつけたいのは、正常に皮膚呼吸や皮脂の排出がおこなわれているかどうかということ。毛穴に皮脂をつまらせない為には洗顔が重要です。朝起床した時と帰宅した夕方で1日2回。洗顔をよく泡立て、しっかりと落としましょう。
また、油性のファンデーションを使用していると皮膚呼吸を妨げてしまうようです。帰宅したらすぐにお化粧をオフすることをオススメします。

(3)乾燥していないかチェック!

冬は気温や湿度の低下でどうしても肌の乾燥が進んでしまうもの。肌が乾燥するとキメが乱れ、肌のバリア機能が低下し、それによって肌の水分がますます奪われ、悪循環に陥ってしまいます。乾燥しバリア機能が低下したノーガードな肌は肌荒れを起こしやすく、吹き出物もできやすくなります。ニキビができている時こそ入念な保湿をし、肌のバリア機能を高めましょう。

1日でも早くニキビを治すためにも、3つもポイントを改めてチェックしてみてくださいね。

(前田 紀至子)

正しい収れん化粧水使いでテカリのない美肌づくり!

日常生活でのニキビ注意点 – 大塚製薬
やっぱり毎日“保湿”のススメ – カネボウ化粧品

元の記事を表示