旬のカラーメイクも台無し!「アイシャドウよれ子」のNGメイク法3つ

この春は、ピンクやブルーなどの明るいアイシャドウで目元を彩ったメイクがトレンド。しかし、時間が経つにつれてアイシャドウがいつもヨレるという人はいませんか? それじゃせっかくのトレンドメイクも台無しですよね。

今回は、時短美容家の筆者が、アイシャドウがヨレやすい人のNGメイク法を3つお伝えしていきます。

 

■NG1:ファンデーションが厚い

まぶたに、下地やファンデーションをしっかり塗っていませんか? まぶたはまばたきをするたびに動くパーツなので、厚塗りするほどヨレやすくなってしまいがち。まぶた以外の頬や額などと同じ感覚で下地やファンデーションを塗るのはNGです。

まぶたは、ごく薄くリキッドファンデを塗ったあとパウダーをはたくか、アイカラーベースなど専用アイテムを使うのがベストです。

 

■NG2:重ねすぎている

アイシャドウは、アイホール全体に明るいハイライトを入れてからお好みのグラデーションになるように仕上げていくといった工程が一般的ですよね。

このとき、アイシャドウを重ねて塗る量が多すぎると、やはりヨレの原因になりやすいんです。

目のキワに入れる締め色以外は、チップではなくブラシに取り、まぶたにのせる前には手の甲で余分な粉を落としましょう。

 

■NG3:粒子が粗いアイシャドウを使っている

粒子が細かいアイシャドウほど、肌にぴったり密着するのでヨレにくい傾向にあります。

一方、粒子が粗いシャドウは、まばたきをするたびに動いてしまい、ヨレの原因になることが!

また、パウダーよりもクリームタイプのアイシャドウを使うのもオススメ。粉より密着度が高いため、ヨレにくくなっています。

クリームタイプなら、流行りの濡れ感メイクも実現しますよ。

 

気付けば二重にアイシャドウが溜まってヨレヨレ……という人は、上記のNGをやっていませんか? ぜひメイクの参考にしてみてください。

 

【おすすめ記事(PR)】