月9ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』(フジテレビ系)にて、モテまくる主人公・潤子を熱演した女優・石原さとみ。なかなかキスをしないラブコメ的要素はもちろんのこと、石原さとみのモテ仕草にハマった方もいらっしゃるのでは?

山下智久演じる高嶺の想いに応え、晴れて恋人同士となってからは、ますます石原さとみのぶりっ子キャラに拍車がかかったといっても過言ではないかもしれません!

そこで今回は、筆者の周りの男性陣の意見を踏まえつつ、“石原さとみに学ぶ!男が舞い上がる可愛い仕草”をご紹介します。

 

■1:「あ~美味しい!」食事中の幸せそうな顔

ドラマの第2話では、一橋寺にて僧侶たちと混ざって精進料理を食べる潤子の姿が。食事中は音を立ててはいけず、静まり返るなか、潤子は「あ~美味しい!」と幸せそうに食事をします。

「美味しさを噛みしめるように、幸せそうに食べる顔を見ると、やられた~!という感じがします」との意見アリ。

 

■2:照れたようなハニカミ笑顔

第3話では、上司である清宮からお手製のおにぎりを褒められ、「大袈裟です」とテレ笑いをする潤子の表情が可愛いと話題に。ドラマ全体を通してよく登場するのが、潤子のハニカミ笑顔です。

男性には満面の笑みよりも、歯が見えるか見えないかくらいの、はにかんだ笑顔の方が可愛らしく映るようですよ。

 

■3:「あぁ!ビックリした!」驚いたリアクション

第6話では、気付かぬうちに高嶺からビデオカメラで撮られていた潤子が映し出されていました。カメラに気付き、「あぁ!ビックリした!」と、両手を胸の前に上げ、驚きの表情をします。

意外にも、この驚いたリアクションにキュンとする男性が多いよう。「飾っていない素の表情というのは、キュンとしますね。驚いたリアクションとともに、腕を組まれたりなんかしたらもう……」と語る人も。

 

■4:楽しそうにじゃれ合う姿

第8話では、隣同士に敷いた布団の上でキャッキャッとじゃれ合う潤子と高嶺の姿が。付き合いたての微笑ましい姿ですが、実は男性にとってはたまらない仕草でもあるんだそう。

「オンとは違うオフの無防備な姿は、それだけでギャップに! くすぐり合いながら“やめろよ~”と言いつつも、大半の男性は嬉しそうにしてるはず」とのこと。

 

石原さとみのモテ仕草も、ドラマの人気や女性からの支持を集める理由のひとつかもしれません。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

【おすすめ記事(PR)】

 

【参考】

※ 5→9~私に恋したお坊さん~ – フジテレビ

元の記事を表示