朝食の新トレンド!?「朝鍋」に入れたい美容効果が高い冬野菜4つ

だんだんとコートなしでは外出できなくなり、寒くなってきましたね。これからの季節は美容のためにも、毎日の温活も考えたいところ。そんな今、「朝鍋」が注目されているって、知っていましたか? 野菜不足も解消できる朝鍋は、同じく野菜をいっきに摂ることができるスムージーを作るよりも手軽な上に、身体を温めてくれるから一石二鳥! 今回は、鍋にいれたい、美容効果が高い野菜を4つご紹介したいと思います。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■冬は週に1回以上「朝鍋」を食べる人が約半数

『BRITA Japan株式会社』がクックパッドユーザー4535名に行った調査によると、朝食に野菜を積極的に食べたいという人が81%いましたが、野菜を手軽に摂ることができるスムージーを1ヶ月に1回以上飲んでいる人はわずか2割という結果になったそうです。
しかし一方で、冬に週1回以上食べていると半数が回答したのが「朝鍋」。野菜がたくさん摂れ、簡単に調理ができる鍋はこれからの季節に活躍しそうですね。

■朝鍋におススメの冬野菜4つ

鍋に定番の野菜の中でも、特に美容効果が高く、朝鍋におススメなものを4つご紹介します。

●白菜

風邪予防や美肌に役立つ「ビタミンC」、整腸効果がある「食物繊維」、利尿作用や高血圧予防の効果がある「カリウム」が含まれます。
水様性ビタミンは煮汁に溶け出すので、スープも頂きましょう。

●大根

鍋に入れても美味しい大根ですが、大根おろしで摂るとその栄養価はUPします。酵素が豊富に含まれ、生食することで消化を助ける機能が働きます。また、大根をおろすことで辛味成分「イソチオシアネート」が生まれ、解毒作用、殺菌作用、抗炎症作用、食中毒予防、血液サラサラ効果、抗酸化作用により、美肌・アンチエイジング効果も期待できます。大根おろしを上からかけて食べるなどするのがいいですね!

●小松菜

肌のハリを支えるコラーゲンの主要な成分となる「プロリン」、美肌に欠かせない「ビタミンC」、肌や粘膜を丈夫に保つ「βカロテン」、デトックス&血行改善効果がある「イソチオシアネート」などが含まれます。

βカロテンは油と一緒だと吸収されやすいので、お肉のほか、油揚げなどと一緒に入れると効果UP。

●ほうれんそう

栄養価が高く、とくにカロチンやビタミンC、鉄分を多く含みます。抗酸化作用があるカロチンはビタミンCとの相乗効果で肌荒れの防止、風邪予防に、鉄分はビタミンCと一緒に摂ることで吸収が高まるメリットがあります。
また、ビタミンB1、B2、カルシウムなどの不足しがちな栄養素も含んでいて、朝から栄養をチャージするのにもお薦めです。ただし、アクが強いのでゆですぎには注意しましょう。

 

何かと忙しい朝ですが、なるべく朝食は摂りたいところ。簡単に支度ができる朝鍋はこれからの季節、活躍しそうですね。朝から美容効果&栄養たっぷりの鍋で、1日をスタートしてみてはいかがでしょうか。

 

(坂本雅代)

【参考】

冬の朝食に関する意識調査 - BRITA Japan
冬に美味しい~白菜~ - 戸坂女子短期大学
生食すれば医者いらず!大根おろしの薬効 - サニーヘルス
抜群の栄養価!冬野菜「小松菜」は美容効果もスゴイ - シロノクリニック
ほうれん草 - カネソ22