海外セレブの間で、ダイエットにいいと流行している「フェンネルシードウォーター」をご存知ですか?

フェンネルは薬膳では「茴香(ういきょう)」とよばれ、種は「小茴香」という生薬として胃腸薬として使われています。また、「痩せる草」として珍重されたこともあり、その効果はお墨付きともいえそうです。

そこで今回は、国際中医薬膳師の筆者が「フェンネルシードウォーター」についてご紹介したいと思います。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■フェンネルシードの効能は?

魚の臭み消しなどに使われ、お料理に使ったことがある人もいるのではないでしょうか。

薬膳では、茴香には「理気」の働きがあるとされ、胸が苦しい、胸のつかえ、腹痛、食欲不振など、胸や胃腸の気滞を取り除く時に使われます。

そのほか、利尿、発汗、脂肪燃焼効果があるともいわれています。

小茴香は、体を温める作用が強く、体の中の冷えや、冷えによる症状を改善する働きがあるので、むくみやすく、体に水分が多すぎて冷えている人にぴったりです。

■フェンネルシードウォーターの作り方

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

フェンネルシードは、大手スーパーなどで手に入ります。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

作り方はとっても簡単。ミネラルウォーター500mlに、フェンネルシード大さじ1杯を入れ、一晩置くだけです。

作りたてはこんな感じです。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

一晩漬けた後は……

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

薬効成分が滲みだしていそうな色になっています!

飲んでみると、カモミールティーに似ているような気がします。フェンネルシードを食べてみると、口の中がとっても爽やか。インド料理店などではフェンネルシードの砂糖漬けのお菓子が置いてあるんだとか。口の中がさっぱりして納得です。

ちょこちょこお茶代わりに飲んでみましたが、思っていたよりも飲みやすく、ハーブティー感覚です。元々筆者は「水はけ」はいい体質なのですが、利尿作用は確かにありそう。トイレの回数が多かったように感じます。

熱湯でお茶にしてもいいかな? と思いましたが、水だしでじっくり薬効成分を滲みださせたほうが、香りも飛ばないしいいかもしれません。

簡単に作れて、むくみやダイエットにいいと人気のフェンネルシードウォーター。手に入ったらぜひ試してみてくださいね。

(紅華堂主宰・国際中医薬膳師・坂本 雅代)

痩せられないのは「デブ菌」のせいかも!?デブ菌を増やさない食習慣3つ

朝飲んで体の中から温まる!腸活にも◎な特製ドリンク3つ
セルライトやたるみはイヤ!むくまない食生活ポイント3つ
朝・昼は腹持ちのいいものを!お腹が空きにくい食事の選び方
光がポイント!インスタの「食べもの写真」を上手に撮るコツ
アンチエイジングのために!始めたい食べ物・やめたい食べ物

元の記事を表示